検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 移動体通信および下側ISM周波数バンドをカバー
  • 周波数分解能:0.01 Hz
  • 位相雑音性能:-116 dBc/Hz(1 GHz搬送波、20 kHzオフセット)
  • 出力パワー:+23 dBm(2 GHz、電子式アッテネータ使用)
  • デジタル変調オンでの周波数スイッチング速度:標準5 ms(SCPIモードおよびリスト・モード)、オプションUNZ使用時は1.15 ms(SCPI)および900 μs(リスト)。
  • TCXOタイムベース基準による優れた周波数確度とドリフト特性

概要

最高6 GHzのRFテスト信号の発生

Keysight MXGベクトル信号発生器でオプション506を選択すれば、100 kHz~6 GHzの周波数レンジの信号を発生できます。

代表的なアプリケーション

オプション506は、6 GHz以下の搬送波周波数のCW、アナログ変調、ベクトル変調RFテスト信号が必要なテスト・ケースに最適です。このオプションは、W-CDMA、cdma2000®、無線LAN、WiMAX™など、移動体通信およびISM周波数バンドの一般的な通信システムに最適です。一般的な信号発生の用途として、LOおよびクロックの代用、干渉の発生、アナログ/デジタル・コンポーネント/レシーバ用の基準信号の発生があります。

このオプションは、製品アップグレードとして追加することはできません。本体と同時購入時にのみ利用可能です。

cdma2000は、米国電気通信工業会(TIA)の登録商標です。ライセンスに基づいて使用しています。
"WiMAX ™”、"Mobile WiMAX ™"、"WiMAX ™ Forum"は、WiMAX ™ Forumの商標です。