検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N5115B-168 1フェージング・チャネルへのAWGNの付加

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

概要

フェージング信号への校正済みAWGNの付加

フェージング用Baseband Studioでオプション168を選択すると、校正済みAWGNをフェージング信号に付加することができます。フェージング用Baseband Studioを使用すると、以前は非常に複雑だったAWGN付加作業を、C/NまたはEb/Noをユーザ・インタフェースで調整するだけで簡単に行うことができます。さらに、ユニークなAWGN機能では、AWGNの付加方法を指定できます。たとえば、C/N比を設定して、全パワー/雑音パワーなどの他の量を一定にすると、目的のC/N比となるように残りのパラメータは自動的に調整されます。AWGNの正確な設定により、レシーバ・テストが容易になります。

フェージング用Baseband StudioではE4438C やE8267C/Dで使用可能な校正済みAWGNオプション(403)を使用しません。このBaseband Studioを使用する場合、AWGNを付加するにはN5115B-168が必要です。