検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • 校正済みパワー・レベルを-110 dBmから-127 dBmまで減少
  • 最小設定可能パワー・レベルを-110 dBmから-144 dBmまで減少

概要

ロー・パワー信号の発生

Keysight MXGベクトル信号発生器にこのオプションを搭載すれば、安定した正確な小振幅信号を発生できます。最小-144 dBmのパワー・レベルの出力が可能で、-127 dBmまでは仕様で保証されます。

代表的なアプリケーション

振幅が正確に制御された低レベル信号の発生機能は、無線レシーバとそのコンポーネントの特性評価に重要です。測定の基準となる既定の性能標準は、さまざまな通信技術によって大きく異なります。これらの規格では、無線機が最終的に使用される環境を表現するために、シミュレートされた入力信号と指定された干渉信号を使用することが定められています。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます