検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

本体のみの概算(税抜) ¥ 221,804

構成例  

構成例

N5424A CAN and LIN Serial Decode, for 4-channel InfiniiVision DSOs/MSOs, fixed perpetual license

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

CAN/LINおよびFlexRayシリアル・バスをテストするためのシリアル・トリガ機能を内蔵

ハードウェア・プロトコル・デコード機能により、リアルタイムのプロトコル・デコード更新速度を実現

高精度の差動アクティブ・プローブ

アナログ・センサ、シリアル・バス、デジタルECU信号でのミックスド・シグナル測定が可能

  • 16進表示フォーマット
  • Keysight 6000 シリーズの 4 チャネル DSO または 4+16 チャネル MSO のみで動作
  • Keysight 5000 シリーズの DSO は、CAN/LIN ソフトウェアのみをサポート

概要

Keysight 5000 シリーズのディジタル・ストレージ・オシロスコープ (DSO)、6000 シリーズの DSO および 6000 シリーズのミックスド-シグナル・オシロスコープ (MSO) は、統合されたシリアル・トリガリングおよびハードウェア加速のプロトコル・デコードディング・ソリューションを提供します。 それは、自動車用のエンベディッド設計を効率よく効果的にデバッグするために必要なツールです。

Keysight N5424A CAN/LIN オプション (オプション AMS) を使用すると、リモート転送要求フレームのメッセージ ID を含め、標準および拡張 CAN メッセージ ID 上でトリガが可能になります。 また、データ・フレーム上のトリガリングをサポートし、目的のメッセージをフィルタリングするためにメッセージ ID, データ, そしてデータ長を指定することができます。 アクティブ・エラー・フレーム上でのトリガも可能です。 さらに、色分けされたパリティ・エラーとチェック・サム・エラーを含め、N5424A は、特定の LIN フレーム ID 上でのトリガリングもサポートします。

ハードウェア加速デコード機能によるCAN-ベース設計のデバッグのデモ

Keysight 6000 シリーズ MSO 用 Keysight N5432A FlexRay オプション (オプション FRS) は、FlexRay フレーム・トリガ, スロット・トリガおよびエラー・トリガができます。 基本サイクルやサイクル繰返し上で選ばれた特定の FlexRay 通信上でのトリガ機能も有します。 オシロスコープでグローバルな FlexRay タイミング・スケジュールの最初の時間相関のあるスロット/セグメント境界表示を提供するために、FlexRay 測定システムは、Keysight 6000 シリーズ MSO と FlexRay 用の Keysight VPT1000 プロトコル・テスタを組合せています。VPT1000 に関する詳細は、つぎのリンクをご覧ください。 FlexRay 用 Keysight VPT1000 プロトコル・テスタ

N5424Aの30日間の試用ライセンスを請求するには、ここをクリックしてください。

【関連情報】