検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

1735A ファイバ・チャネル・テストを拡張するSanAlyticsソフトウェア

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

SAN開発の高速化に必要なツール

ファイバ・チャネル・ファブリックが大型化し、複雑化しているため、システムレベルの根本原因を探ることがますます難しくなっています。デザイナやシステムレベルの検証チームがテストを効率良く実行するためには、最新のテスト機器が必要です。会社にとっても製品を予定通りに商品化し、顧客の満足度を高めるためにはテスト機器の選択が重要となります。

Keysight 1735Aマルチアプリケーション・プロトコル・アナライザとトラフィック・ジェネレータによって問題をすばやく突き止めることが可能

Keysight 1735A 1、2、4Gb/sマルチアプリケーション・プロトコル・アナライザとトラフィック・ジェネレータは柔軟性が高く、ファイバ・チャネル機器の開発を加速し、SANの配備を早めることができます。1735Aをプロトコル解析モードで使用すると、2個のデバイスまたは大型ファブリック間のプロトコルの相互作用を簡単にデバッグできます。システムのハードウェア・ベースの検索やフィルタリングを使用すれば、デバッグや根本原因の解析がさらに容易になります。大容量のトレースも簡単に検索できます。さらにマルチレベル、マルチステートのトリガ・システムが内蔵されているので、再現しにくい問題も捕捉することができます。

1735Aファイバ・チャネル・プロトコル・アナライザを使用すると、エラーも簡単に再現できます。Keysightアナライザは、充実したパターン・ライブラリ、ドラッグ・アンド・ドロップ機能、世界で唯一のグラフィック・ステート・マシン・ビジュアリゼーション機能を備え、強力で操作性にも優れています。またトラフィック・ジェネレータ・モード(SANテスタ)では、各1735Aモジュールが複数の独立したデバイスに入力信号を送ることができます。被試験システムやデバイスの動作テストを行う場合は、ネットワークのトラフィック条件を再現できます。業界独自の記録/再生機能を使用することで、デバイスの動作をすばやく簡単に再現できます。

捕捉したデータを容易に解析できるSanAlyticsソフトウェア

KeysightはProtocol Analytics社とともに、データ解析にかかる時間を大幅に短縮するツールを提供しています。2006年5月の出荷より、各Keysightプロトコル・アナライザにProtocol Analytics社の標準バージョンのSanAlyticsソフトウェアが付属します。また5月より、プレミアム・バージョンのSanAlyticsソフトウェアをKeysightから購入することができます。

SanAlyticsソフトウェアでは捕捉したデータを以下のさまざまなビューで表示でき、データの解析が容易に行えます。

  • Exchange ビュー
  • Fault ビュー
  • トレース・サマリ・ビュー

次の最新プレスリリースをお読みください: Keysight Technologies Announces Agreement to Distribute SANAlytics Software