検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

推奨の代替製品:

主な特長と仕様

主な利点

  • 将来のテスト・ニーズの拡大に対応する柔軟で拡張可能なプラットフォーム
  • N5990Aテスト自動化プラットフォームによる完全自動化のサポート
  • 小さな固有ジッタと高速な遷移時間を特長とする優れた信号性能
  • クロック/データに対する個別および結合ジッタ耐力テスト

E4887A-007のタイミング仕様

  • 周波数レンジ:620 Mb/s~7 Gb/s
  • データ・チャネル間スキュー:20 ps(代表値)
  • 遅延確度 ゼロ遅延配置に対して±10 ps ±20 ppm
  • 相対遅延確度 ±2 ps ±2%(代表値)

E4887A-007の出力仕様

  • 出力:差動またはシングルエンド、2.4 mm(メス)
  • 出力振幅/分解能:0.1 Vpp~1.8 Vpp / 5 mV
  • 遷移時間(20%~80%):<20 ps
  • 固有ジッタ:9 ps p-p(代表値)

使用可能な構成:

  • E4887A-007高分解能HDMI TMDS信号発生器、最大7 Gb/s
  • E4887A-037 規格テスト可能、最大3.4 Gb/s
  • E4887A-003エコノミック高速テスタ、最大3.4 Gb/s

概要

新しいE4887A HDMI TMDS信号発生器プラットフォームによるHDMIシンク・デバイスの正確な評価

現在リリースされているHDMI 1.3仕様では、色深度と分解能の向上により、HDMITMインタフェースのビット・レートが増加しています。長いケーブルを使用した場合でも相互運用性を確保するために、HDMIシンク/ソース・デバイスの要件は厳しくなり、仕様はさらに厳しくなっています。

E4887A HDMI TMDS信号発生器プラットフォームには、それぞれ異なるテスト・ニーズに応える3つの構成があります。

1)740 Mb/s~3.4 Gb/sの廉価版HDMI高速テスタ(E4887A-003)。これはすべてのHDMIレートの入力信号とデバッグ機能を提供します。ジッタ耐力のテスト、プラグ・アダプタへの接続の簡素化、高速な遷移時間と小さなジッタのビデオ・フォーマットの作成が可能です。

2)3.4 Gb/sまでのすべてのデータ・レート用の規格準拠/評価テスタ。合否テストを高速に実行し、結合/個別ジッタ耐力テストが可能です。

3)徹底した評価とコンプライアンス・テストのための高分解能HDMI TMDS信号発生器(E4887A-007)。すでに登場している7 Gb/sまでのデバイスを追加でき、コンプライアンス・テスト仕様に記述されていて、ほとんどの公認テスト・センタで使用されています。

Keysight E4887A HDMI TMDS信号発生器プラットフォームは、将来のテスト・ニーズに応じて進化する柔軟で拡張可能なプラットフォームです。Keysightのソリューション・パートナであるBitifEye社のN5990Aテスト・オートメーション・プラットフォームと組み合わせることで、完全自動化テストを実行できます。標準化されたテスト・レポートにより、公認テスト・センタ、研究開発部門、その他のN5990Aテスト自動化ソフトウェア・プラットフォームのすべてのユーザとの間の比較や交換が可能です。

N5990Aテスト・オートメーション・プラットフォームの詳細については以下を参照してください: 自動コンプライアンス/デバイス評価テスト

Keysightでは、HDMI仕様の最新リビジョンに準拠した、KeysightのDSO80000シリーズ・リアルタイム・オシロスコープに基づいたソース・テストを提供しています。詳細については、以下を参照してください: N5399A HDMI電気性能検証/コンプライアンス・ソフトウェア

HDMI TDRテストは、86100Cデジタル・コミュニケーション・アナライザ・プラットフォームにより実行できます。詳細については以下を参照してください: 86100C Infiniium DCA-J広帯域オシロスコープ、TDRモジュール付

HDMIケーブル・テストは、5071Cネットワーク・アナライザにより実行できます。詳細については以下を参照してください: 5071C ENA RFネットワーク・アナライザ

E4887A TMDS信号発生器の使用は、他の高速ギガビット・テクノロジーに対しても容易に拡張できます。柔軟なParBERT 81250システムのジェネレータやアナライザでE4887Aをアップグレードするだけです。詳細については以下を参照してください: ParBERT 81250

KeysightのHDMIソリューション全体の詳細については以下を参照してください: www.keysight.co.jp/find/hdmi

HDMIの詳細については以下を参照してください: http://www.hdmi.org 

最新のBERTプレス・リリースを読む

関連する業種&テクノロジー