検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N4150A N4150A/N4151Aフォトニック・ファンデーション・ライブラリ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 高度なプログラム機能により、挿入損失や偏波依存損失のスペクトラム測定の簡素化/機能拡張が実現
  • 波長、帯域幅、チャネル・イソレーションなどのコンポーネント・パラメータ容易に求められる解析機能
  • 8169A光偏波コントローラを使用するMuellerマトリクス法と、波長可変レーザおよび1台以上のパワー・メータを組み合わせて使用することによる、PDL測定の簡素化
  • 内蔵の波長可変レーザ波長モニタリング機能を使用して、歪みのないスペクトラムを高速掃引速度、高ダイナミック・レンジで実現する、高度なフィルタリング・モデル
  • ガス・セルを用いた簡単な波長校正により、最高の波長確度を実現
  • 新バージョンの1.2.1では、N7744A/N7745Aマルチポート・パワー・メータのサポートにより、最高速の測定を実現

概要

Keysightのフォトニック・ファンデーション・ライブラリ (PFL) は、パッシブ光コンポーネントのテスト用の幅広い測定/解析機能を備えています。これらの機能は、APIまたはVXIPnPインタフェース経由で、カスタム・プログラムに使用できます。IL/PDL測定用の使いやすいグラフィカル・インタフェース・プログラムも含まれているので、最初の結果をすばやく入手して、カスタム・ソフトウェアの性能を確認できます。

フォトニック・ファンデーション・ライブラリは、Keysight 816xライトウェーブ・メジャメント・シシステム、特に波長可変レーザと1台以上のパワー・メータ(オプションで8169A光偏波コントローラ)を組み合わせて、性能と確度の向上を実現します。

バージョン1.2.1では、81940A/81980Aコンパクト波長可変レーザ・モジュールなどの、新世代のマルチポート・パワー・メータもサポートされるようになりました。これらの新製品を用いると、測定の高速化とフットプリントの小型化が実現します。

N4150Aでは単一のPCプラットフォームでの動作ライセンスが提供されるのに対して、N4151Aでは選択した数のクライアントPCコントローラのサーバ・ライセンスが提供されます。

すべての機能をダウンロード/インストールして60日間無料で評価したり、インストールされている既存のPFLを無料でアップグレードする場合は、このリンクを使用してください。 N4150Aの評価バージョン