検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

89601A-B7Z 89600 VSA IEEE 802.11n MIMO 変調解析オプション B7Z

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

  • 高スループット(HT)の 20 MHz/40 MHz 帯域幅をサポート
  • すべての変調方式を自動検出: BPSK から 256QAM まで
  • 最大 4 チャネルを測定可能
  • EVM ≦-43dB
  • VXI ベースのVSA、Infiniium オシロスコープ、InfiniiVision オシロスコープ、VSA80000A UWB VSAによるマルチ・チャネル測定
  • IEEE 802.11a/b/g 解析オプション B7R については、 こちらをクリックしてください。

概要

出荷開始!新しい 802.11n 変調解析機能:

  • Keysight Infiniium オシロスコープによる 3×3、4×4 MIMO 解析
  • 空間拡散をモニタする新しいチャネル・マトリクス表示
  • IQ 信号劣化補正により、RF測定からベースバンド I/Q エラーを除去
  • 16個の 4×4 MIMO チャネル周波数応答を元のトランスミッタごとにカラー・コード化して表示する新しい周波数応答トレース

IEEE 802.11n MIMO 信号は、同じ周波数で同時に送信される複数の OFDM 信号から構成されるため、解析がきわめて困難です。Keysight の IEEE802.11n MIMO 変調解析オプションは、高度なトラブルシューティングおよび評価ツールセットにより、この問題を解決しています。

2チャネル信号の同時収集/解析:

  • マルチチャネル VXI ベース・モジュラ・ベクトル・シグナル・アナライザ、Infiniium オシロスコープ、VSA80000A UWB VSA による MIMO 信号の評価とトラブルシューティング
  • 802.11n 20/40 MHz HT フォーマットの測定

すべての IEEE 802.11n フォーマットの評価とトラブルシューティング:

  • 以下をサポート:デュプリケート・レガシー、ミックスド・モード、HT デュプリケート、グリーン・フィールドの各フォーマット
  • EVM および I/Q パラメータの測定と、2つの空間ストリームのコンスタレーションの同時表示
  • コヒーレンスおよび相互相関機能を使って、1つの空間ストリームがもう1つの空間ストリームに与える影響を定量化
  • L-SIG および HT-SIG フィールドのコンテンツの読み取り。CCDF、パワー対時間、タイムゲーティッド測定を提供。

包括的なツール・セットにより、802.11n信号を詳細に解析することができます:

  • シンボル/搬送波/バーストによるEVMの解析、I/Q パラメータ、中心周波数、帯域幅、パワー、ACPR の測定、生ビット・レベルまでの復調
  • 複合コンスタレーション、EVM トレース、カラー・コード化、マルチ表示などの使いやすい測定ツールによる評価