検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N8241A 任意波形発生器シンセティック測定器モジュール-15ビット

購入窓口
  • Keysight - 通常、製品お届けまで 7 週

構成例  

構成例

N8241A 15 bit Arbitrary Waveform Generator LXI Module

  • N8241A-062 625 Mega-samples per second sample rate
  • 5年間の保証(引取)

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 1.25 Gサンプル/s、15ビットの垂直軸分解能、そして1チャネルあたり500 MHzの瞬時アナログ帯域幅を用意(オプション125)
  • 625 Mサンプル/s、15ビットの垂直軸分解能、そして1チャネルあたり250 MHzの瞬時アナログ帯域幅を用意(オプション062)
  • LXIクラスA準拠

仕様

  • 複数モジュールの同期によるマルチエミッタ/マルチパス・シナリオのシミュレーション
  • 最大16 Mサンプルの波形メモリ(オプション)
  • 最大125 kの定義可能波形セグメント
  • 最大16 kのユニークな定義可能シーケンス

概要

KeysightのN8241A任意波形発生器(AWG)は、優れた性能と柔軟性を兼ね備えたシンセティック測定器(SI)モジュールです。高分解能と高サンプリング・レートにより、レーダ、衛星、デジタル無線、周波数アジャイル・システムを正確にテストするために必要な波形を作成できます。各チャネルの変調帯域幅は、500 MHz(1.25 Gサンプル/s)または250 MHz(625 Mサンプル/s)です。65 dBcのスプリアス・フリー・ダイナミック・レンジを備えているので、複雑な変調信号を非常に高い忠実度で作成できます。N8241Aと広帯域I/Qアップコンバータを組み合わせると、マイクロ周波数で1 GHz(1.25 Gサンプル/sで)または500 MHz(625 Mサンプル/sで)の変調帯域幅を実現でき、IF/RFのサブテストの現実的な信号シミュレーションが可能です。

モデルおよび形状の概要

代表的なアプリケーションとして、レーダ、EW UWB、無線通信、航空宇宙/防衛、通信アプリケーション用のデバイスやサブシステムのテストおよび測定があります。

レーダ・テスト用の現実的な信号の作成方法

特徴

  • LXIクラスA準拠
  • オプション125:1.25 Gサンプル/s、15ビットの垂直分解能、1チャネル当たり500 MHzの瞬時アナログ帯域幅を同時に提供
  • オプション062:625 Mサンプル/s、15ビットの垂直分解能、1チャネル当たり250 MHzの瞬時アナログ帯域幅を同時に提供
  • オプション300:ダイナミック・シーケンスは、ダイレクト・シンセシス・エンジンで作成された定義済み搬送波信号を動的にポイントできるようにするハードウェア・インタフェースです。
  • オプション330:ダイレクト・デジタル・シンセシスにより、搬送波で狭帯域変調を効率的に圧縮可能。米国輸出ライセンスが必要
  • オプション350:ファンクション・ジェネレータに、使いやすく分かりやすいグラフィカル・ユーザ・インタフェースを提供し、シンプルな波形、複雑な波形、変調波形の作成を容易にします。M9330AとN8241A AWGは、15ビット分解能と優れたシグナル・インテグリティを備えているため、この新しいオプションを搭載することにより、1 Hzの分解能まで、非常に正確で安定した波形を作成できます。 オプション350の詳細
  • 1チャネル当たり500または250 MHzの瞬時アナログ帯域幅でのデュアル・チャネル出力、シングル・エンド出力、差動出力
  • マルチ・エミッタ・シナリオとマルチ・パス・シナリオをシミュレートするための複数モジュール同期
  • 最大16 MSの波形メモリ(オプション)
  • 最大125 kの定義可能波形セグメント
  • 最大16 kの固有定義可能シーケンス
  • リモート・プログラミング・インタフェース: LAN IEEE 1588 over 100Base-T LAN
  • IEEE 1588タイム・ベース・トリガ
  • LXIハードウェア・トリガ・バス
  • フル環境仕様

Keysightの最新の信号発生テクノロジーの使用による複雑なシナリオの作成

関連する業種&テクノロジー

トレーニング、イベント