検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

53181A-061 オプション030用リア・パネル・コネクタの追加

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

概要

推奨後継製品は、新製品の53200シリーズRF/ユニバーサル周波数カウンタ/タイマです。53210Aオプション203は、チャネル3入力をリア・パネル(SMAコネクタ)に移動します。

53131A/53132A/53181A周波数カウンタから後継製品の53200シリーズRF/ユニバーサル周波数カウンタ/タイマへの移行

オプション060:第2チャネル・オプションを注文していない場合に選択してください。
・ チャネル1用のパラレル・リア入力コネクタが追加されます。(1)、(2)

オプション061:オプションの第2チャネル(1.5 GHzのオプション015または3 GHzのオプション030)が選択されている場合に使用します。
・チャネル1用のパラレル・リア・パネル・コネクタを追加します。(1)、(2)
・チャネル2用のBNCは測定器の背面にあります。(3)

オプション062:オプションの第2チャネル(5 GHzまたは12.4 GHz)が選択されている場合に使用します。
・チャネル1用のパラレル・リア・パネル・コネクタを追加します。(1)、(2)
・チャネル2用のN型コネクタは前面パネルにあります。

  1. チャネル1入力は、オプションのリア端子と組み合わせて注文すると、カウンタのフロントおよびリアの両方のコネクタで使用できますが、仕様はリア端子にのみ適用されます。フロント端子の性能は低下しますが、リア端子を50 Ωで終端することによって改善することができます。
  2. フロントおよびリア入力は並列に接続されているので、それぞれ独立して使用する必要があります。
  3. フロントとリアのチャネル2のコネクタの仕様は同じです。