検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N7616A T-DMB用Signal Studio

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

推奨の代替製品:

主な特長と仕様

信号作成

  • * 4つの伝送モード(I、II、IIIおよびIV)すべてと、ビデオ、オーディオ、パケット・データ・サービスのためのSI、FIC、TIIをサポート
  • チャネル外エミッションを抑制するフィルタによるスペクトラム準拠のT-DMB信号
  • 柔軟なMCIパラメータ構成とデータ・ソース入力: PN、固定パターンまたはユーザ・ファイル
  • BERテストための64 Mサンプルまでのフレーム生成

信号発生器制御および劣化の付加

  • 互換性を有する信号発生器: E4438C ESG
  • 周波数および振幅の制御
  • リアルタイムAWGNを追加
  • リアルタイム・フェージング Baseband Studio

自動化および通信インタフェース

  • SCPIによる波形再生の自動化
  • LANおよびGPIB

その他の特長

  • グラフ: I(t)、Q(t)、I(t)+Q(t)、P(t)、スペクトラム、CCDF、フレーム構造
  • Online documentation and embedded HELP
  • 無料の30日間試用ライセンス - 自動的に有効

概要

T-DMB 波形を簡単に作成可能

T-DMB用Signal Studioを使用すると、規格に準拠したT-DMB波形を簡単に作成できます。このソフトウェアのグラフィカル・インタフェースから、T-DMBビデオ/オーディオ/パケット・データ・サービス用の伝送、チャネル・コーディングなどのさまざまな信号パラメータにアクセスできます。またE4438C ESGベクトル信号発生器を使用すれば、完全にコード化されたT-DMB波形を再生することができます。このようにT-DMB用Signal StudioとE4438Cを組み合せることにより、T-DMBレシーバやコンポーネントのテスト信号ソリューションを実現できます。

ソフトウェアについて