検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • デュアル出力チャネルによる差動/シングルエンドのドライブ
  • 複数のモジュールを同期させて、マルチエミッタ/マルチパス・シミュレーションが可能
  • 高度なシーケンス・エンジンにより、複雑な波形の作成が可能
  • 既存のソフトウェアの活用:MATLAB®のコードや他のプログラムを使用できるので、統合が簡単
  • 625 Mサンプル/sのサンプル・クロック
  • 15ビットの垂直分解能
  • デュアル・チャネル動作
  • 差動/シングルエンド出力
  • 最大16 Mサンプルの波形メモリ(オプション)
  • 複数のモジュールの同期
  • 最大125 kの波形セグメントの定義が可能
  • 最大16 kのシーケンスの定義が可能
  • MATLAB®からの測定器のフル制御
    The MathWorks, Inc.へのリンクはこちら www.mathworks.co.jp
  • CompactPCIおよびPXIメインフレームに対応

Keysightの最新の信号発生テクノロジーの使用による複雑なシナリオの作成

概要

KeysightのN6032A任意波形発生器は、複雑な広帯域波形の作成が可能です。1台で高いサンプリング・レートとビット分解能を実現し、レーダ、衛星、周波数アジャイル・システムを正確にテストするのに最適な波形を作成できます。N6032Aの各チャネルは、250 MHzの周波数帯域幅と65 dBc以上のスプリアスのないダイナミック・レンジを備えています。またN6032Aと広帯域I/Qアップコンバータを組み合わせると、マイクロ波周波数で500 MHzの変調帯域幅を実現で、IF/RFサブシステムのテストに最適な信頼性の高い信号シミュレーションを実現できます。

これらの製品を使用する代表的なアプリケーションとしては、レーダ、軍事通信用電子計測、航空宇宙防衛用電子計測アプリケーションがあります。