検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight 86038Bフォトニック・分散/ロス・アナライザは、光ファイバやコンポーネントの詳細なテストに必要な速度と確度を兼ね備えた、開発と製造のどちらにも最適な測定器です。測定は業界標準の変調位相シフト法に基づいて行われ、モジュラ方式によりテスト・ニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

デバイスを1回接続してボタンを1つ押すだけで、86038Bはスペクトラムの群遅延(GD)と色分散(CD)、群遅延差(DGD)、偏波モード分散(PMD)、挿入損失/利得(IL)、偏波依存損失(PDL)を測定します。さらに、きわめて正確なファイバ長測定も可能です。高度なマトリクス解析により、2次PMDも得られます。

86038Bにはさまざまな波長オプションが用意されており、Keysight 81600B波長可変レーザ・オプションでは1260~1640 nmという画期的な波長レンジ、単一レーザでは最大200 nmレンジでの測定が可能です。すべてのパラメータに対して、高速な波長掃引測定が可能です。

86038Bの主なアプリケーションとしては、10/40 Gb/s伝送用測定器をはじめとするネットワーク測定器のデザインと製造、CWDMシステムなどで用いられる最新の全バンド・ファイバをはじめとする光ファイバの製造、高速伝送システム用の分散補正モジュール/ファイバおよびDWDMフィルタのデザインと製造などがあります。

  • 業界標準のMPS手法を使用して、波長と偏波に基づき分散と損失を詳しく評価
  • スペクトラムGD、CD、DGD、PMD、IL、PDLの決定、2次PMD、GDリップル、ゼロ分散波長、CDスロープの解析、ファイバまたはデバイス長の正確な決定が可能
  • すべてのパラメータに対して高速波長掃引測定を実行
  • さまざまなオプションによる1260~1640 nmの波長と、1つのオプションで最大200 nmの掃引レンジにより、広い波長レンジが使用可能
  • マルチポート・テスト用モジュラ・スイッチング(オプション)に対する統合サポート
  • 重要なコンポーネント・テストの場合、オプションでILとPDLの確度を拡張可能
  • 柔軟なモジュラ方式と、LAN、USB、GPIBインタフェースおよびリモート・コントロール機能を持つWindows OSを採用