検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

71501D ジッタ・アナリシス・システム

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

  • ジッタ帯域幅要求20MHzおよび80HMzに準拠
  • 残留ジッタを低減:0.002UIrms
  • 2.466Mb/sと9953Mb/sにおける適合試験
  • SONET/SDH適合試験に便利なテンプレートを用意
  • 周波数アジャイル(50Mb.s-12.5GHz)

概要

販売終了のお知らせ:71501D ジッタ解析システムは、2003年10月31日に販売を終了させていただきます。代替品としてもっとも近い製品は、J7231Bや37718AなどのSONET/SDHテスタの OmniBERシリーズです。非常に要求のきびしいアプリケーションには、JS-1000が最高性能のソリューションです。お客様の投資を保護するために、Keysightはこの販売終了から5年間71501Dをサポートいたします。既存の71501B/Cをバーション「D」機能にまでアップグレードしたいお客様のために、アップグレードは引き続きご利用になれます。

Keysight 71501Dジッタ・アナリシス・システムは、チップまたはコンポーネントのレベルから伝送装置システムに至るまでのデバイスの完全なジッタ特性の評価が行えるようデザインされています。

71501Dシステムでは、N1015A変調テストセットを用いることで、10Gb/s帯のSONET/SDH標準で要求されるジッタ帯域である20MHzおよび80MHzに対応します。また、71501Dの測定周波数は、完全に任意に設定でき、Mux/Demuxなど入出力周波数の異なるデバイスのジッタ測定も可能です。

  • ジッタ帯域幅要求20MHzおよび80HMzに準拠
  • 残留ジッタを低減:0.002UIrms
  • 2.466Mb/sと9953Mb/sにおける適合試験
  • SONET/SDH適合試験に便利なテンプレートを用意
  • 周波数アジャイル(50Mb.s-12.5GHz)