検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

89601A-B7S 89600 VSA IEEE 802.16 OFDM Fixed WiMAX™変調解析:オプションB7S

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

IEEE 802.16-2004のすべての変調方式を自動検出:BPSK、QPSK、16QAM、64QAM

  • アップリンク/ダウンリンクの処理
  • FDD、H-FDD TDDフォーマットに対応(バースト/連続)
  • 1.25~28 MHzの解析帯域幅
  • すべてのフレーム長、ガード・インターバル、サンプリング・ファクタ
  • さまざまなエラー解析および測定/表示:バンド・パワー、搬送波対雑音、CCDF、振幅、群遅延
  • 高度なOFDM/IEEE 802.16-2004測定:全RCE、RCE対シンボル、RCE対キャリア、共通パイロット・エラー

概要

Keysight 89600 VSAソフトウェアのオプションB7Sは、IEEE 802.16-2004 OFDM信号に対する包括的な変調解析機能を提供します。時間選択測定や周波数選択測定を同時に実行して、信号を分解し、未知の問題を発見できます。

包括的なツール・セットにより、IEEE 802.16 OFDM信号を詳細に解析することができます:

  • 豊富なタイム/周波数/変調ドメイン解析ツール
  • 生ビット・レベルまでの復調
  • シンボルのサブセットを対象とした時間選択解析機能
  • 1つのキャリアを対象としてキャリアがどこで発生しているかを調べことができる周波数選択解析機能

物理層構造に関する情報の収集:

  • サブキャリアの信号変調方式の自動検出。トラブルシューティングの際には変調方式を手動で検出可能
  • 交渉信号帯域幅、ガード・インターバル、サンプリング・ファクタの手動調整
  • キャリア・パイロット・トラッキングを調整して、振幅、位相、タイミングをトラッキングし、デザイン・マージンを低下させる隠れたエラーを検出可能
  • バースト情報により信号セットアップを検証:バースト・パワー、変調方式、シンボル長、EVM
    30種類以上のKeysightシグナル・アナライザ、オシロスコープ、ロジック・アナライザで使用可能。

89600シリーズVSAソフトウェアの強力な信号解析機能についての詳細は、 こちらをクリックしてください。

"WiMAX"、"Fixed WiMAX"、"Mobile WiMAX"、"WiMAX Forum"、WiMAX Forumロゴ、"WiMAX Forum Certified"、WiMAX Forum Certifiedロゴは、WiMAX Forumの商標です。その他の商標はすべて、それぞれの所有者が権利を有しています。