検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N7622A-196 内蔵BBG、最高80MHzの狭帯域補正機能

販売/サポート: 販売・サポート終了製品
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • 最高80MHzのBWで忠実度が優れた広帯域信号発生器用の唯一の市販ソリューション
  • Keysight ESG/PSG信号発生器用
  • 測定の不確かさの低減
  • 80MHz BWでの± 0.1dBの振幅フラットネス
  • 40MHz BWでの±2°の位相リニアリティ
  • 80MHz BWでの-55dBcのイメージ除去
  • 使いやすいPCベースのグラフィカル・ユーザ・インタフェースによる、テスト・セットアップの簡素化と時間の節約

概要

Signal Studioツールキットへの狭帯域補正機能の追加
N7622A Signal Studioツールキットにオプション196を付けると、カスタムI/Q波形に対して狭帯域(80MHz BW)補正を実行し、Keysight ESG/PSG信号発生器で作成するRF/マイクロ波の信号品質を向上させることができます。忠実度に優れた校正済みのテスト信号は、Keysight独自のプリディストーション・アルゴリズムを使用して作成されます。このソフトウェアではKeysight PSAシリーズ・スペクトラム・アナライザを使用して、信号パスの応答が自動的に測定されます。この情報を使用して波形に補正係数が適用され、イメージ、振幅リップル、位相偏移が変調BW全体に対して補正されます。

主なアプリケーション
Signal Studioツールキットの補正機能は、スプリアスのないダイナミック・レンジ、振幅フラットネス、位相リニアリティ、EVMで高性能を要求される、次世代マルチキャリア・パワー・アンプ(MCPA)、レーダ・システムなどの広帯域通信システムの設計に理想に近い信号を提供します。