検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

86121A WDMチャネル・アナライザ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

主な特長と仕様

  • WDMシステムのフィールド・テストが容易に
  • 3 ppmの絶対確度で波長測定(NISTトレーサブル)
  • 内蔵フロッピー・ディスク・ドライブ、プリンタ、RS-232インタフェースを使って、測定結果を容易に転送
  • 堅牢でポータブル

概要

Keysight 86121A WDMチャネル・アナライザは、マイケルソン干渉計をベースにした測定器で、1270~1650 nmの波長範囲におけるレーザ光の波長とパワーを測定します。 複数レーザ光線の同時測定により、高密度波長多重信号の測定ができます。 個々のレーザ光線は、変調側波帯を含め、その間隔が5 GHz以下まで分離して測定できます。