検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

推奨の代替製品:

主な特長と仕様

  • カスタム・パルス形状のライブラリの構築:ソフトウェアを使用してパルス・エンベロープを設定するか、ユーザ・ファイルからカスタム・パルスをインポートカスタム・パルス・パターンの作成
  • 内蔵パルスまたはインポートしたパルスにパルス内変調を適用:変調方式としては、FMチャープ、FMステップ、AMステップ、BPSK、QPSK、Barkerコードが使用可能
  • 80 dBを超えるパルス・オン/オフ比の実現:高性能パルス変調器によるパルス・ダイナミック・レンジの向上
  • 複雑なパルス・パターンのライブラリの保存とリコール:繰り返し間隔、繰り返し回数、およびパルスごとの周波数、位相、パワー・オフセットを設定可能
  • プリディストーションによる信号品質の改善:RFフラットネスを最適化してイメージ除去を改善
  • 信号設定の自動化:内蔵のCOMベースAPIを使用して、一般的なプログラミング環境からパルス・ビルディング・エンジンを利用可能
  • 10BaseT LANおよびGPIBインタフェース
  • 内蔵ヘルプ:パルス/パターン設定のサンプルが利用可能

概要

複雑なシングル・エミッタ・パルス・パターンの作成

パルス・ビルディング用Signal Studioは、E8267D PSGベクトル信号発生器からの複雑なパルス・パターンの柔軟な発生を可能にするソフトウェアです。シンプルなインタフェースから、カスタム・パルス・エンベロープの作成とインポート、パルス内変調の適用、レーダ・レシーバ・テスト用の高度なシングル・エミッタ・テスト・パターンの作成を実行できます。内蔵のCOMベースAPI(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)により、独自のテスト・エグゼクティブからの高度なテスト・パターンの作成をサポートします。APIを使用すれば、カスタム数式モデルやデータ・セットを使用して、パルス/パターン・パラメータをパルス単位で効率的に変更できます。パルス・ビルディング用Signal Studioは、高度なプリディストーション・アルゴリズムを使用して、被試験デバイスの入力で直接、テスト信号の信号品質を改善します。

ユーザ・インタフェースの評価

購入の前に、Signal StudioをPCにダウンロードして、ソフトウェアのユーザ・インタフェースとパルス・ビルディングおよびパターン作成機能を試用できます。ソフトウェアによって作成された信号を発生するには、各E8267D PSGベクトル信号発生器に個別のライセンスが必要です。プリディストーション・アルゴリズムを適用するには、PSAまたはESAシリーズ・スペクトラム・アナライザも必要です。

代表的なアプリケーション

パルス・ビルディング用Signal Studioは、複雑なシングル・エミッタ・パルス・パターンを使用するレーダ・レシーバ・テストに最適です。一般的なアプリケーションとして、レーダ・レシーバ感度/選択度測定、レシーバ復調品質の解析、敵味方識別(IFF)アルゴリズムの検証などが挙げられます。ソフトウェアの柔軟なパルス作成機能により、レーダ・レシーバが一般的に遭遇する現実的なシグナリング環境のシミュレーションが可能になります。

このオプションは、製品アップグレードとして追加することはできません。本体と同時購入時にのみ利用可能です。