検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N2600A 自動 TIA-606-A ケーブル識別ソリューション

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

  • TIA-606-A に基づいた構造を持つ配線の自動ラベリング 
  • 設置現場にある Brady TLS2200 ラベル・プリンタに直接プリント
  • ScopeData Pro ソフトウェアからレーザ・ラベル・シートにオフ・サイト・プリント 
  • ケーブル ID セットアップ・ウィザードを使い、標準ラベリング法によるケーブル ID リストの管理
  • ラベル・リストを WireScope 350 にインポートすることにより、ID の手動入力によるヒューマン・エラーを防止

概要

  • ソフトウェアのバージョン 2.1 以上を使い、TIA-606-A に基づく構造化された配線設置のラベリング・プロセスを自動化します。
  • ケーブル ID を検査し、ケーブル ID を WireScope 350 から直接 Brady TLS2200 ハンドヘルド・プリンタへ、あるいは、ScopeData Pro から直接レーザ・ラベル・シートへプリントします。
  • 標準のラベリング手順に沿ったケーブル ID セットアップ・ウィザードを使い、ケーブル ID リストを作り、保存し、編集し、プリントします。
  • ラベル・リストを WireScope 350 にインポートすることにより、修復に費用のかかる間違いの要因となる ID の手動入力を排除し、時間をセーブします。
  • WireScope 350 は、最初で唯一のラベル・プリントができるケーブル・アナライザです。 パッチ・パネル, アウトレット, 音声ケーブル, データ・ケーブルなどのラベリングが、ケーブル認証試験と同じように設置現場できます。

ケーブル ID プリントと管理の自動化

キーサイト・テクノロジーは、ケーブル認証市場に大きな能力を有する新らしいソリューション Keysight N2600A WireScope 350 を投入します。 N2600A WireScope 350 は、最初で唯一のラベル・プリントができるケーブル・アナライザです。 パッチ・パネル、アウトレット、ケーブルなどのラベリングが設置サイト現場でできます。

WireScope 350 は、大小さまざまな規模の IT 環境おいて、移動, 追加, 変更に携わるネットワーク設置業者および保守業者への朗報です。 ケーブル・プラントの設計とラベリングが自動化でき、著しく簡単になります。

ソフトウェア・ウィザードによる標準ラベリング法

標準準拠の階層構造ケーブル識別子 (ID) は、Keysight ScopeData Pro Windows ユティリティを搭載した PC あるいは Keysight WireScope 350 ハンド-ヘルド・テスタ上のソフトウェア "wizards" を使って決めることができます。 ケーブル ID は、Keysight AutoCAD のような他のケーブル・プラント設計ソフトウェアから WireScope 350 にインポートできます。 インポートされた、あるいは作成された識別子リストは、N2600A WireScope に保存されます。 これにより、ユーザは、試験の都度ケーブル ID を手動入力する代わりに単にそのリストから選択することになり、時間がセーブされると同時にヒューマン・エラーが防止されます。

ケーブルのラベリングとケーブル認証の管理は設置作業の大部分を占め、その中には間違いを起しやすいところがいくつも存在します。 間違いを起こすと、その修復には多大な時間と費用がかかります。 それを防止するために、ケーブル ID リストの定義にケーブル ID セットアップ・ウィザードを使い、その ID をデータベースに組み入れ、WireScope 350 にダウンロードします。

関連する PC 表示の例がつぎのリンクからご覧になれます。 ラベル保存結果

TIA-606-A 適合のケーブル ID 作成

ケーブル ID セットアップ・ウィザードの指示にしたがうと、新たに台頭してきた TIA ケーブル・ラベリング標準に準拠したケーブル識別子を作成することができます。 その新しい標準が TIA-606-A で、TIA (Telecommunications Industry Association) によってインフラ管理用に開発されたものです。 この新しい標準は、現存の TIA-606 を大幅に改善しています。 ケーブル識別子の構造が明確にされ、ケーブル識別子を構築する各フィールドの意味が明確にされています。

TIA-606-A は、設置を 4 つのクラスで記述しています。 クラス 1 は最も簡単な単一物置内のシステム、クラス 4 は最も入り組んだ複数構内にまたがるシステムです。 複雑さをベースにしたこのクラス分けは、TIA-606-A を非常に従い易い規格にしています。 これは、設置業者が切望していたケーブル・ラベリング・ガイドです。

関連する PC 表示の例がつぎのリンクからご覧になれます。 ラベリング用セットアップ

WireScope から直接ラベルをプリント

Keysight N2600A WireScope 350 は、アウトレット、音声およびデータ・ケーブル、パッチ・パネル、パンチ-ダウン・ブロックのラベルを直接 Brady TLS2200 ハンド-ヘルド・プリンタにプリントさせることができます。 ラベル・プリントは、ケーブル認証試験を兼ねて設置サイト現場でおこなうことができるようになります。

Brady TLS2200 ハンド-ヘルド・プリンタの詳細は、つぎのリンクからご覧ください。 Brady TLS2200 ハンド-ヘルド・プリンタ 

Brady TLS2200 ハンド-ヘルド・プリンタの外観は、つぎのリンクからご覧ください。 Brady TLS2200 熱転写プリンタ

つぎのリンクから、WireScope 350 から Brady TLS2200 プリンタへのケーブル ID のプリント手順をご覧ください。 WireScope 350 から Brady TLS2200 プリンタへのプリント

ケーブル認証のときに自動的に標準に基づくケーブル識別子が作成できる WireScope 350 の能力は、設置時間のセーブをもたらします。 さらに重要なことは、認証されたケーブルの這わせ方が標準に基づくケーブル ID を使って自動的に識別されることです。

WireScope 350 は、TLS2200 プリンタにロードされたラベルのタイプを自動的に検出し、最適なラベル・フォーマットになるようにフォントを調整します。

この新しい機能により、2 度はプリンタへ、もう 1 度はテスタへ、ケーブル ID を 2 度入力する必要が無くなります。 さらに、セットアップや事前の計画が一切不要で、作業が簡単になります。 単に試験し、ケーブル ID に入って試験結果を保存するだけです。 ラベルは自動的にプリントされます。

つぎのリンクから、ラベル・プリント・ウィザードの例をご覧ください。 ラベル・プリント・ウィザード

ScopeData Pro によるラベルのプリント

ケーブル ID は、ScopeData Windows ユティリティを使用しているオフィスでケーブル認証試験の前にレーザ適合のラベル・シートにプリントできます。 Keysight N2600A WireScope 350 は、Brady 社および IDEX 社の両方のラベル・シートへのプリントをサポートします。

つぎのリンクから、ラベル・シートの例をご覧ください。 ラベル・シート

つぎに、キーサイト・テクノロジーがサポートするラベル製造業社の完全なリストを紹介します。

Brady 社 

上のリンクから Brady 社のホーム・ページに進むことができます。

4 対ケーブル - サイズ (mm): 1.00 x 1.5、ラベル・シート: LAT-18-361、ロール: PTL-31-427

Faceplate desi-strip insert - サイズ (mm): 0.375 x 1.90、ラベル・シート: LAT-177-124、ロール: PTL-40-412

Faceplate / port label - サイズ (mm): 0.375 x 0.50、ラベル・シート: LAT-45-707、ロール: PTL-44-422

Faceplate label - サイズ (mm): 0.375 x 1.00、ラベル・シート: LAT-8-707、ロール: PTL-16-422

Faceplate label - サイズ (mm): 0.375 x 1.50、ラベル・シート: LAT-41-707、ロール: PTL-45-422

Perforated faceplate / port labels - サイズ (mm): 0.375 x 0.06、ラベル・シート: なし、ロール: PTL-39-422

IDEX 社 

上のリンクから IDEX 社のホーム・ページに進むことができます。

606 Prime Label Sheet (パッチ・パネル、ウォール・プレート、クローゼットおよびデータ・ラック用) - ラベル・シート: DC0200、ロール: なし

606 PrimePlus Sheet (110-ブロックおよびケーブル・エンド用) - ラベル・シート: DC0300、ロール: なし

つぎのリンクから、WireScope 350 ソフトウェア (バージョン 3.0.1 以上) をダウンロードしてください。

WireScope 350 ソフトウェア (バージョン 3.0.1 以上) のダウンロード