検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • 3.2 GHz以上の周波数に対して2 GHzのRF変調帯域幅
  • シングルエンドIQ入力ポート

概要

現在入手できる最大の変調帯域幅

PSGにオプション015を付けると、広帯域外部アナログI/Q入力が装備され、PSGの最先端の内蔵I/Q変調器を外部任意波形発生器から直接ドライブできます。広帯域外部I/Q入力を使用すれば、最大2 GHzのRF変調帯域幅を容易に実現できます。PSGのリア・パネルに配置される未校正の広帯域外部I/Q入力が、PSGのフロント・パネルにある校正済みの標準帯域幅(160 MHz)外部I/Q入力に加えて提供されます。

代表的なアプリケーション

オプション015は、衛星、航空宇宙/防衛、広帯域通信、コンポーネント・テストなどの広い変調帯域幅が必要なアプリケーションにおける、高シンボル・レートのカスタム変調、マルチキャリア信号発生、変調帯域幅内の高速周波数ホッピングに最適です。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます。