検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

構成例  

構成例

N5391A I2C/SPI Protocol Decode with Triggering

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • I2C シリアル・プロトコルをサポート
  • 2線式 SPI, 3線式 SPI, 4線式 SPI シリアル・プロトコルをサポート
  • シリアル・データ波形と同期したオン-スクリーン・シリアル・デコード
  • 16進、10進、2進の数値表示フォーマット
  • ユニークな自動クリック・アンド・ズームおよびソーティング機能付きリスティング・ウィンドウ
  • ナビゲーション・コントロール付きのシリアル・パケット検索
  • 繰り返しパケットの捕捉またはパケット検出時に取りこみ停止する検索トリガ

概要

I2C (Inter-Integrated circuit) および SPI (Serial Peripheral Interface) 用の Keysight N5391A 低速シリアル・データ解析(SDA)ソフトウェアは、いろいろな所に広く組込まれている I2C, 2線式, 3線式または 4線式 SPI シリアル通信バスを容易にデバッグすることができます。 このソフトウェアは、Keysight Infiniium 8000 シリーズ, 54830 シリーズ, 54850 シリーズ, 80000 シリーズのオシロスコープのような日常使われるシグナル・インテグリティ・ツールにプロトコル・レベルのデバッグ情報を提供することができます。 新しくエンハンスされたシリアル解析機能により、単なるデコードのみならず、ウインドウ表示一覧, ソフトウェア・サーチ, サーチ用トリガ機能も有します。