検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

概要

業界最高の高出力パワー
高出力パワー・オプションを使えば、E8247C CW信号発生器の出力パワーを大幅に増加して、外部増幅器を不要にできます。20 GHz以下の周波数では、出力パワーの実測値は標準性能に比べて最大12 dB増加し、20~40 GHzでは最大9 dB増加します(詳細についてはデータシートを参照)。出力パワーの実測値の最大値はそれぞれ+25 dBmおよび+18 dBmで、レベル確度は多くの場合に約±0.2 dBに達するので、被試験デバイスの精密な評価が可能です。プロットを表示

代表的なアプリケーション
オプション1EAは、被試験デバイスのストレス・テスト用にハイ・パワー信号が必要な信号発生アプリケーション用に推奨します。増加した出力パワーを利用して、システム・コンポーネントによる経路損失を補正したり、トランシーバを有効に評価したりできます。一般的なテスト・アプリケーションとして、増幅器のリニアリティの検証、ブロッキング/干渉発生、レシーバ最大入力レベルの評価などがあります。Keysightミリ波モジュールを使って110 GHzまでの周波数を発生する場合は、供給されるパワーによりPSG出力での外部ドライブ増幅器が不要になります。詳細情報

アップグレード方法
現在E8247C PSGをお持ちの場合は、E8247CK-1EAを注文することでオプション1EA付きにアップグレードできます。

  • 業界最高の出力パワー - 性能の実測値は最大+25 dBm(3.2~20 GHz)および+18 dBm(20~40 GHz)
  • 優れたレベル確度 - 性能仕様は> +10 dBmの出力パワーに対して±0.8 dB(2~20 GHz)および±1.0 dB(20~40 GHz)