検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 研究開発、ATEのどちらにも対応
  • キャリア: 50 kHz~26.5 GHz、高調波ミキサ使用時は110 GHzまで
  • オフセット・レンジ: 0.01 Hz~2 MHz、0.01 Hz~100 MHz
  • ノイズ・フロア: -180 dBc/Hz
  • 位相雑音測定ソフトウェア
  • E5505A位相雑音システムの主なコンポーネント

概要

Keysight E5500シリーズ位相雑音測定ソリューションは、1ポートVCO、DRO、水晶発振器、シンセサイザなど測定に適したソリューションです。増幅器やコンバータなどの2ポート・デバイスとCW/パルスド/スプリアス信号の組み合わせも測定できます。E5500で可能な測定としては、絶対/残留位相雑音、AMノイズ、低レベル・スプリアス信号などがあります。さらに、さまざまな測定手法に対応した構成を容易に実現でき、PLL/基準ソース法、残留/FMディスクリミネータ法などを使用できます。

0.01 Hz~100 MHzの広いオフセット・レンジ性能により、Keysight E5500シリーズはエンジニアの高度なニーズに応える機能、柔軟性、汎用性を提供します。E5500のアーキテクチャは、標準の測定器、位相雑音コンポーネント、PCソフトウェアを組み合わせたもので、高い柔軟性と資産の再利用が可能です。独自アーキテクチャの製品では、基準信号源やアナライザの選択によって位相雑音測定が制限されるため、柔軟性に欠けます。その点、E5500ソフトウェアでは、さまざまなスタンドアロン測定器を組み合わせて使用可能です。

位相雑音の低減、RFデザイン、測定の分野における30年に及ぶ経験に支えられたKeysight E5500シリーズ・ソリューションは、優れた測定品質、再現性、確度を提供します。

関連する業種&テクノロジー

トレーニング、イベント