検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E4438C-409 GPS(グローバル・ポジショニング・システム)パーソナリティ

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

主な特長と仕様

信号の作成

  • マルチ衛星GPS構成(1個~8個の衛星に対応)
  • 信号で実環境のシナリオをシミュレート(複数のシナリオが使用可能)
  • 実際の衛星データ(ドップラ・シフトおよびナビゲーション・メッセージを伴う同期した衛星)
  • 30分以上の間、シナリオ再生が可能

自動化/通信インタフェース

  • SCPIによる波形再生の自動化
  • 10Base-T LAN、GPIB、RS-232

その他の特長

  • 信号発生器のファームウェアに内蔵されたソフトウェア・アプリケーション(PCは不要)
  • 追加のシナリオ・ファイルがダウンロード可能 シナリオ・ファイル
  • E4438C-422 GPSパーソナリティ用シナリオ・ジェネレータと組み合わせて、カスタム・シナリオの作成/再生が可能

概要

GPS(Global Positioning System)のテスト信号を容易に作成

実環境のシナリオでマルチ衛星GPS信号を容易に作成できます。この信号により、最大8個のGPS衛星のGPSシミュレーションを実現できます。各衛星信号には、選択したシナリオに応じて、独立したドップラ・シフトと、実際のGPSナビゲーション・メッセージが含まれます。

汎用的で高性能のRF信号発生器

GPS信号は、高精度のE4438C ESGベクトル信号発生器によってリアルタイムに出力できます。ESGの優れた振幅確度と位相雑音性能により、低いパワー・レベルでも再現性の高い正確なレシーバ感度測定が可能です。また、ESGは汎用性が高く、CWおよび3G携帯電話フォーマットなど、さまざまな現実的な信号環境をエミュレートでき、研究開発やテスト環境で威力を発揮します。

代表的なアプリケーション

GPSパーソナリティは、携帯電話やハンドヘルド/車載レシーバなどの携帯用の民生品に内蔵されているGPSチップの機能を検証するために使用できます。ESGのGPS伝送は、ベースバンドまたはRF入力ポートを持つほぼすべてのGPSレシーバに印加できます。

マルチ衛星信号モードでは、定義済みシナリオと初回測位時間(TTFF)により位置特定テストを実行できます。これと同じシナリオを使って、RFパワー・レベルを下げ、位置特定が失われたノイズ・レベルに対して搬送波を計算することにより、レシーバ感度を測定することができます。

単一衛星モードでは、S/N比を測定したり、ドップラ・シフトがシグナル・インテグリティに与える影響をテストすることができます。TOW(Time Of Week)が増加するデフォルトのナビゲーション・メッセージは、感度測定に便利です。ビット・エラー・レート(BER)の測定には、擬似雑音(PN)データが使用できます。エラー検出テスト用には、パリティ・ビットを挿入できます。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます

関連する業種&テクノロジー

トレーニング、イベント