検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

  • 最大26個の固有データのスーパーフレームの作成:統計的に有意なBER/BLERテスト
  • AWGN機能:さまざまなノイズ環境でのレシーバ・テストの実行
  • フル・コード化された信号を使用したBER/BLERの評価
  • パイロット・チャネルの設定:ファンクション・テスト用にパイロット情報のコード化を追加
  • スクランブル・コード・タイプを選択可能:日本または韓国のスクランブル・コード・タイプの選択
  • カスタム・データのEPGおよびCASチャネルの作成:ファンクション・テストの実行
  • 最大64チャネルの作成:ギャップ・フィラー増幅器テスト用のクレスト・ファクタの大きな信号の作成
  • 定義済みのセットアップによる時間の節約:カスタム設定を簡単に保存して復元可能
  • 内蔵データ・パターンのインポートや選択:PRBS、固定ビット・パターン、ユーザ・ファイル

概要

National Instrument社のGPIBカードをご使用の場合は、Keysight IOライブラリ14.1または14.2用のパッチをインストールする必要があります。

S-DMBユーザ・ターミナルとギャップ・フィラーのテスト

S-DMB用Signal Studioは、S-DMB(Satellite Digital Multimedia Broadcast)のユーザ・ターミナルとギャップ・フィラーの製造環境でのテストのための信号作成ソフトウェアです。単純なユーザ・インタフェースと定義済みの構成により、テスト信号の作成をすぐに始めることができます。テスト信号はLANまたはGPIBで最大10台のESGに自動的にダウンロードできます。

BER/BLER解析のためのフル・コード化された信号

最大26個の固有データのスーパーフレームにより、レシーバのRFおよびベースバンド・サブセクションを徹底的にテストできます。各チャネルのコード化は、カスタム・テスト・ニーズに合わせて設定できます。例えば、リード・ソロモン・エンコード、バイト・インタリーブ、コンボリューショナル・エンコード、ビット・インタリーブなどが可能です。復調器のテストを実行するために、コード化層を通さず、物理層に直接データを注入して拡散とスクランブリングを行うこともできます。

増幅器テストのための現実的なテスト信号の作成

ギャップ・フィラーのトランスミッタ部をテストするために、現実的なテスト信号を作成できます。64個までのチャネルを追加したり、データ・タイプを変更したり、データ・オフセットを調整したりして、現実に近いクレスト・ファクタの信号を作成できます。定義済みのセットアップを選択することも、固有のテスト・ニーズに合わせてカスタム・チャネル構成を作成することもできます。

代表的なアプリケーション

S-DMB用Signal Studioは、ユーザ・ターミナルのレシーバ、ギャップ・フィラーのパワーアンプおよびコンポーネントのテストに最適です。代表的なアプリケーションを以下に示します。

  • ユーザ・ターミナル:レシーバのBER/BLER解析
  • ユーザ・ターミナル:ASIC/DSPコード化・アルゴリズムの開発/デバッグ
  • ギャップ・フィラー:フィルタと増幅器のテスト

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます