検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

J4618C IP テレフォニ・アナライザ

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

IP テレフォニ・アナライザは、VoIP 敷設時の解析機能を内蔵した高性能基本診断測定器です。音声再生により、ネットワーク・エンジニアは、VoIP ネットワーク内の音声品質の悪さの原因を切り分けることができます。音声を聞く以外に問題を診断する方法がない場合もあります。例えば、エンドユーザがエコーに対して苦情を訴えている場合、音声を聞いていれば、バックグランド・ノイズが原因であることを検出できるかもしれません。

エンド・ポイントやゲートウェイなどの IP テレフォニ装置はすべて、IP ネットワークが引き起こすジッタを取り除くことができます。このジッタ除去機能は設定変更が可能です。ネットワーク内の音声に耳を傾けている人の中には、このジッタ除去機能によって音声障害が除去されるのだろうかと疑問に思われる人もいるかもしれません。J4618C IP テレフォニ・アナライザには、ユーザがジッタのある音声を聞くことも、「ジッタが取り除かれた」音声を聞くこともできます。

J4618C IP テレフォニ・アナライザには、音声再生以外にも、ジッタやパケット損失が発生しているネットワークのトラブルシュートを自動化すると共に、Keysight アドバイザ独自のリアルタイム解析機能が追加されています。例えば、IP テレフォニ・アナライザは、各測定インターバルの平均ジッタやパケット損失をプロットします。グラフ上の必要なポイントをクリックすると、ドリルダウン・メニューが表示され、その測定インターバル内の各パケット、パケット間到着時間、ジッタ、欠落パケットそのものが示されます。ジッタ最大値などのグラフ上のポイントをさらにクリックすると、デコード・ビューが表示され、選択したパケットにカーソルが配置されます。このため、要因を取り囲んでいるパケットに瞬時に自動的に移動して、問題付近でトラブルシューティングを行うことができます。

  • 各 RTP ストリームごとに計算されるパケット損失/ジッタ
  • RTP パケット損失/ジッタ値の分布を経時的に表したグラフ
  • VoIP シグナリング/音声パケット伝送用の包括的なリアルタイム・エキスパート・コメンテータ
  • 以前にキャプチャした音声パケット・セッションの再生
  • 音声再生 : 順方向、受信、全 2 重、ジッタ付き、ジッタ除去
  • 疑わしいパケットを掘り下げることによる自動トラブルシューティング
  • 各呼または部分的な呼に関する呼の詳細記録
  • LAN、WAN、ATM でのリアルタイム・デコード、フィルタリング、解析
  • 最新のドラフトを含む VoIP デコードのリスト