検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

J2913B UTP155 ATM モジュール - Keysight アドバイザ用

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

  • 設置に関する問題を解決します。 予め書かれた試験により、CBR、 VBR およびトラフィック警備の同時監視による全帯域幅のシミュレーションをおこないます。
  • 保守課題の切り分けができます。 統計とネットワーク負荷の図式化により、ピーク利用を示し、ネットワーク層のアドレスで帯域幅ユーザを区分けします。
  • 物理層のサービス中断をピンポイントます。 ライン・ステータス表示が物理層の問題を示し、どのようなサービス中断でもその時刻を示します。
  • 使い易いインタフェースです。 Windows 98 によるユーザ・インタフェースを使い、目的のアイコン上にポインタを持っていき、クリックして機能を選択します。
  • フル・デュプレックス・トラフィックのタイミングをチェックします。 Keysight J2913B モジュールの中の 2 つのフル帯域幅受信と再生回路により、命令発信とその応答を 100 ns 以内のタイミング測定で観測することができます。
  • サービスの監査を自動的におこないます。 すべてのアクティブ VPI/VCI を集め、関連するアダプテーション層のカプセル化と、どの回線が使われており、それがどのように使われているかを示すサービスを提供します。
  • 連続性試験をおこないます。 ピングで接続性を検証し、往復の時間遅れをチェックします。
  • SDH/SONET を検証します。 SDH/SONET のオーバーヘッド・バイトが示され、その下に存在するメディアの検証が容易にできるようになります。 STM-3c および STM-1 の両方のフレームがサポートされます。