検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

J2296D E1 BNC 75-Ω インタフェース・モジュール

販売/サポート: 販売・サポート終了製品 | 利用可能なサポートの確認
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

概要

Keysight J2296D E1 インタフェース・モジュールは、Keysight ATM/WAN アドバイザで動作します。 J2294D は、ATM および WAN 上のフルまたは部分的な E1/T1 と同様に、E1 または T1 構成をサポートします。 ATM および Frame Relay 試験に非常に特化したインタフェースです。 ATM DXI、 X.25、 HDLC、 SDLC、 非同期 PPP、 PPP も処理します。 J2294D は、フルに統合されたモニタリングとシミュレーション・ソリューションを提供します。

J2296D は、4 つの 75-Ω BNC コネクタとハンドセットとの接続用の 1 つの RJ-11 コネクタを持っています。

ATM 用としてのこれらのインタフェースは、つぎのような特長を有します。

  • ATM、 AAL-1、 AAL-2、 AAL-3/4、 AAL-5 などの捕捉とデコード
  • シグナリングと数百高いレイヤのプロトコル
  • O.191 ベースの ATM レイヤ QoS 測定
  • トラフィック契約適合解析 (警備)
  • SVC セットアップ検証のための UNI シグナリング・エミュレーション
  • カプセル化された IP アドレスに基づくフィルタリングを含め、フィルタリングの捕捉
  • 捕捉したデータの洗練された表示フィルタリングおよびサーチ機能
  • 統計と統計ロッギングをディスクへ保存
  • 物理層の障害統計

Frame Relay 用としてのこれらのインタフェースは、つぎのような大きな便益をもたらします。

サービス・レベル合意試験

  • 価格-性能のトレードオフを理解するための支援
  • 端末相互間または往復 SLA 測定

CIR 測定

エンド・ユーザおよびサービス・プロバイダは、ネットワークの最良の価格-性能設定において、ネットワークの適切なトラフィック契約を検証することができます。

Frame Relay LMI エキスパート

すべてのユーザが Frame Relay のエキスパートではありません。 このアプリケーションは、ネットワーク問題を自動的に検出し、ネットワークの状態を判り易く解析して提供します。

ピング測定

SLA 試験に伴う測定です。

DLCI 統計

すべての Frame Relay のバーチャル接続解析です。 この新しいアプリケーションは、Frame Relay リンクの中の 1024 の可能な DLCI をサポートします。 Frame Relay リンクの中の個々のユーザのネットワーク状態を検証することができます。

UNI および NNI エミュレーション

  • User UNI
  • Network UNI
  • Bi-Directional NNI
  • Supported Stand Alone LMI Emulation
  • With Enhanced PING
  • With SLA
  • With Simulation Scripts
  • With Traffic Generation

Frame Relay で LAN プロトコルをリアルタイム分配

エンハンスド・デコード

フィルタ/カウンタ

IP 上の音声および Frame Relay デコード上の音声

トラフィック発生