検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

主な特長と仕様

利点

特長

  • パレート分析およびトレンド分析のための階層別演習
  • 柔軟で容易な品質ダッシュボードの設定
  • 過去の傾向とデータの表示
  • 生のテスト・データおよび修理データのエクスポート

概要

Medalist 品質ツールでは、Keysight Medalist 自動X線検査 ( AXI ) システムや Keysight 自動光学検査 ( AOI ) システムなどのKeysightテスト・システムの統計品質管理 ( SQC ) 解析を行えます。

SQC の経済的な利点は、エレクトロニクス製造業界全体が十分に認識しています。しかし、多くの企業では、こうした利点を現実化させる研究に行き詰っています。これには、いくつかの障害が作用しています。

  • 修理結果のデータを複数の SPC/SQC 解析システムで集計し、複数のテスト/検査システムで積算する必要がある。これは、通常は大変な作業です。
  • 技術的な専門知識のレベルの異なるライン作業者が簡単に理解できる一貫性のあるフォーマットで、プロセス制御情報を提供する必要がある。
  • テスト・プラットフォームからの有用な情報を最適化して、プロセスの1つのステップとしてテスト/修理の向上を図る必要がある。最適化された情報からしか、プロセス制御に必要な修理処理に関する情報を正確に得ることができない。
  • テスト/修理結果のデータを工場全体の MES/WIP トラッキング・システムや品質システムに直接リンクする必要がある。

SQC の実現:品質の検証、アセンブリ当たりのコストの削減

Medalist 品質ツールを使用すると、データが、品質目標の達成、アセンブリ当たりのコストの削減、内部プロセスの簡素化によるテスト、修理、組立歩留まりの向上に役立つ有用な情報が得られます。Medalist 品質ツールは、SQC 法と Keysight のエレクトロニクス製造環境に対する深い理解が融合しています。このため、技術者も非技術者も同様にアクセス可能な有用なプロセス制御情報に迅速かつ容易にアクセスできます。事前設定可能なビュー、コンテキスト依存ドリルダウン機能、PC ベースのチャート作成機能、さらに Microsoft© Excel© スプレッドシートへのエクスポートが簡単な Medalist 品質ツールを使用すると、すでに収集したテスト結果のデータを非常に簡単に有効活用できます。

  • 修理 WIP の低減、ファーストパス歩留まりの向上、修理インフラの簡素化による、アセンブリ当たりのコストの削減
  • プロセスのモニタ/管理による、特定の品質目標の達成
  • ライン・スループットおよび修理 WIP のトラッキングによる、テスト/修理効率の評価
  • テスタの偽コールの最小化

Medalist 品質ツールに関するユーザの見解。

特長/利点

特長 利点
Keysight AXI/AOI テスト・プラットフォーム
Keysight AXI/AOI テスト・プラットフォームのリアルタイムでの不具合のモニタ/アラーム表示
・ ファーストパス歩留まりの向上により、プロセス上の問題に迅速に対応できるので、アセンブリ当たりのコストが減少します。
・ プロセス上の問題に対する迅速な対応により、修理 WIP が低減し、その結果必要な修理インフラが減少します。
Keysight AXI/AOI の偽コール・ドライバの識別 ・ 修理ループの材料のフローの低減により、修理インフラが簡素化されます。
・ 品質管理でもプロセス制御への適用でも、テスト結果のデータの信頼性が向上します。
修理 WIP のモニタを含め、テスト/修理ループのスループットのモニタが可能 ・ 読み取りやすい効率的なトレンド・チャートにより、テスト/修理ループの効率を高めるための作業をモニタできます。
リアルタイム・チャートのヒストリ表示 ・ SQC チャートの作成により、系統的なプロセス上の問題を識別できます。
・ 内部/外部の OEM ユーザ向けに、品質レポートを作成できます。
スプレッドシート・エクスポート・ツール ・ 選択したデータを Keysight インテリジェント・テスト・フレームワーク ( ITF ) から Microsoft© Excel© にエクスポートできます。
・ MS Excel を使ってカスタム・チャートを作成して、テスト/修理結果のデータを詳細に解析することができるので、より高度な SQC 解析が可能です。
サポートされているすべてのビューのドリルダウンの事前設定 ・ ライン監督者などの技術者以外のユーザの操作を簡素化します:修理処理の実行方法に関する重要な情報が、使いやすい形式で表示されます(例えば、アラームの原因となった不具合が強調表示されるので、瞬時に特定できます)。
Medalist 修理ツールとの統合 ・ 偽コール・データがなくなり、真のプロセス歩留まりに関するより正確な情報が得られます。
インテリジェント・テスト・フレームワーク ( ITF ) 上で実行 ・ 集計された SQC データとの通信が向上します:工場全体の歩留まりに対する警告を含め、複数のテスタに渡るものです。
・ Medalist 品質ツールおよび Medalist 修理ツールのアプリケーションのアップデートが簡単です。
・ XML-Export により、 Keysight のテスト/修理結果のデータを社内の MES システムに容易にエクスポートできます。
・ データの管理が簡単です。

利点

Medalist 品質ツールを使用すると、製品品質や組立効率に影響を及ぼす変数を簡単にモニタできます。

  • リアルタイム・プロセス制御
    最上行のダッシュボードには、歩留まりや DPMO 指標などの極めて重要な統計が表示され、不具合が規定のレベルを上回った場合は、それを知らせるアラームが表示されます。情報が瞬時に得られるので、変化する状況にすばやく対応できます。
  • 仕掛品 ( WIP ) の低減
    「偽コール低減」のダッシュボードには、一目でわかる指標とともに、インテリジェントなドリルダウン機能が表示されるので、テスタ、修理オペレータなどの偽コール・ドライバや、テスト・プログラムに関連する特定の問題をすばやく識別できます。「スループット/修理 WIP 」ダッシュボードでは、テスト/修理ループのボードのフローをトラッキングしたり、修理 WIP のスナップショットをリアルタイムに取得することができます。どちらのダッシュボードにもアラーム表示機能があるので、変化する状況にすばやく対応できます。
  • テスト/修理の LAN ベースのモニタ
    Medalist 品質ツールは Medalist 修理ツールと完全に統合されていて、Keysight のインテリジェント・テスト・フレームワーク ( ITF ) に組み込まれています。LAN に接続された PC から複数のテスタの結果を解析できるなど、Medalist 修理ツールや ITF の利点をフル活用できます。
  • 工場全体の SQC の解析
    ダッシュボードやドリルダウンはすべて、リアルタイム表示からヒストリ表示への切替えが可能で、ユーザ定義の時間を反映できます。このように柔軟性に優れているので、ダッシュボードと対応するドリルダウンのグループにより、1つのプラットフォーム・タイプ内で、アセンブリ・タイプとテスタ、またはアセンブリ・タイプのどのような組合わせでも表示できます。1つのテスタまたはアセンブリに固有のビュー、またはすべてのテスタとアセンブリ、および両者の間のすべてのものに固有のビューを表示できます。データ・セットを Excel やその他のツールにエクスポートして、詳細な解析をカスタマイズすることもできます。
  • 技術者および技術者以外のユーザを対象とした設計
    インテリジェントなドリルダウン機能による診断の高速化により、プロセス・エンジニアやライン・オペレータは、パッケージ・タイプ、ピン番号、ピックアンドプレイス・フィーダまで、不具合をすばやく特定できます。

オプション

  • N1106A-301 Medalist 品質ツール・ビュワー・ライセンス

主な仕様

  • ITF、Keysight テスト・システム、Medalist 品質ツール・クライアントの間の接続には、ローカル・エリア・ネットワークが必要です。
  • Medalist 品質ツールは、Keysight 5DX、x6000、SJ50、SP50 システムに対応しています。
  • Medalist 品質ツールのクライアントとして機能する Keysight 提供の PC を購入することも、以下の最小仕様を満たしていれば、お手持ちの PC を使用することもできます。
コンポーネント Medalist 品質ツールのクライアントの最小要件
メモリ 512 MB の RAM (推奨)
ハードディスク・ドライブ 1 GB のディスク空き容量
プロセッサ Intel Pentium 2.8 GHz 以上のプロセッサ
モニタ 17インチのモニタ(最小)、19インチまたは21インチ(推奨)
ビデオ SVGA 以上の解像度(1024×768、256色)
ネットワーク 10/100 Base T イーサネット・カード
オペレーティング・システム Windows 2000 または Windows XP (最新のサービス・パック)

Medalist 品質ツールの購入者は、オンライン・チュートリアルをご利用いただけるので、ご自分のペースでトレーニングできます。

Medalist 品質ツール関連のサービスは、Keysight インテリジェント・テスト・フレームワーク ( ITF ) で提供されています。 詳細については、計測お客様窓口までお問い合わせください。