検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 基地局ダウンリンクのマルチパス/マルチセル環境の無線(OTA) 5GTF測定をポータブルで可能
  • ダウンリンクのプライマリー/セカンダリー同期信号(P-SSおよびS-SS)の変調解析
  • セルID、チャネルパワー、P-SS、S-SS、同期補正(%)などの主要性能指標(KPI)の結果をスキャン
  • 5GとLTEがオーバーラップしたネットワークセルの選択と、リソース管理の再選択のために、Inter-RATハンドオーバーを最適化
  • 表、バーチャート、振幅スペクトラム、ストリップチャートのデータフォーマットを含む最大4つのウィンドウでディスプレイを構成可能
  • 地理位置情報付きのデータの記録、リコール、再生によって後解析が可能(CSVまたはKMLファイルフォーマット)
  • スペクトラム・アナライザ・モード(コンビネーションモデルにオプション233を搭載)、GPSレシーバー(オプション307)、CPU2プロセッサが必要。レシーバー感度の向上のためにプリアンプ(オプション235)を推奨(必須ではありません)
  • 購入後にアップグレード可能

概要

都市部に基地局(マクロ、ミクロ、ピコセル)を配備する際には、基地局が目的の領域を十分にカバーできなかったり、デザインされた境界からエネルギーが漏れたりする問題が生じる可能性があります。これにより、「パイロット/リファレンス」汚染、ミッシングネイバー、ハンドオーバーフェイラーが発生する可能性があります。FieldFoxの無線(OTA) 5GTF測定アプリケーションは、複数周波数で複数キャリア(最大8つのコンポーネントキャリア)を送信する1つの基地局から無線送信されたセル情報を識別できます。ユーザーは、制御チャネルパワー、セルID、チャネル信号品質の測定/表示を行って、ネットワークの使用率や容量を詳細に解析できます。OTAにリアルタイムスペクトラム解析(RTSA)を統合すれば、RFエンジニア/技術者は、同一チャネルカバレージ、同一チャネル干渉、ネイバーリストの最適化などのネットワークの問題を詳細に解析することができます。