検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 1台のオシロスコープに110 | 100 | 80 GHzと70 | 59 | 50 | 40 GHzのシステム帯域幅オプション搭載
  • すべての帯域幅グレードで10ビットのADC分解能を実現
  • システム・ノイズ・フロア:<1.6 % EVM rms(基準条件、公表されている代表値)
  • 相対スキュー:<±0.5 ps
  • 動作光波長レンジ:1528 nm~1620 nm
  • 絶対波長確度:±2.5 pm(代表値)
  • アベレージ入力パワーモニター確度:±0.5 dB
  • コヒーレント・レシーバー・テスト・アプリケーションとオンサイト検証/再校正ソフトウェアの統合
  • コヒーレント光デバイス・テスト・アプリケーション・ソフトウェア

概要

400Gのデザインを克服
Keysight N4391Bは同クラスで最もコンパクトなOMAソリューションで、業界最先端のノイズ性能と実証済みのアーキテクチャーを備えています。さらに、定評がある、信頼性/柔軟性の高いキーサイトのベクトル・ネットワーク・アナライザ(VSA)ソフトウェアを搭載しています。

対象アプリケーション
112 G baudという高いシンボルレートに遅れをとらないように、測定器は、先端の研究の初日から開発フェーズ全体を通して600 Gb/sから1.2 Tb/sを超えるボーレートクラスのトランシーバーに対応できることが求められます。高次のQAM/確率変形変調方式には、N4391Bのノイズ性能が必要になります。

N4391Bは業界最先端のUXRオシロスコープシリーズをベースとしている光変調アナライザで、このようなアプリケーション要件をサポートするのに最適です。