検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • RF/DCイベントと消費電力を1つの画面で自動比較
  • 個々のRF/DCイベントのポストデータ解析により、消費電流(%)とその占有時間(%)の提供
  • バッテリー寿命の予測
  • 各チャネルのトリガ機能
  • ゾーン/セグメントによる詳細な電流解析
  • ハードウェアとソフトウェアの統合ソリューション

概要

IoTデバイスのバッテリー寿命を短時間で容易に最大化可能

利便性と携帯性へのニーズによって、ますます小型のバッテリー駆動デバイスが増加しています。それに伴い、デバイスのバッテリー寿命の信頼性を正確に計算して検証するようになり、IoTデバイス開発者は多くの課題に直面しています。

X8712A IoTデバイスバッテリー寿命最適化ソリューションは、DCパワー・アナライザ、SMUモジュール、RFイベントディテクター、専用ソフトウェアを一体型のソリューションで構成したもので、以下の特長を備えています。

イベントベースの消費電力を短時間で容易に解析してデザインの弱点を検出
バッテリー駆動IoTデバイスでは、イベントの発生頻度や消費電力に寄与する重要なRF/DCイベントを把握することが重要です。いつイベントが発生したのかを知る必要もあります。

X8712Aは自動的にデバイスの重要なRF/DCイベントと消費電力を関連付けるので、最大電流を消費する領域を短時間で特定できます。

IoTデバイスのバッテリー寿命を最適化
KS833A1A イベントベースパワー解析ソフトウェアは、RF/DCイベントの占有時間と消費電流を計算します。これにより、予測バッテリー寿命を確認してバッテリーの低下を相対的に測定できます。

テストの開発の簡素化
信頼性の高いKS833A1A イベントベースパワー解析ソフトウェアと直観的なユーザーインタフェースにより、実環境の動作モードでデバイスを検証して、最も重要な問題の対策を行うことができます。

関連する業種&テクノロジー