検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

E8140A LVDSパターン・ジェネレータ・クロック・ポッド

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

クロック・ポッド構成

  • ロジック・レベル・サポート: LVDS
  • 推奨リード・セット: Keysight 10498A
  • マスタとして使用するパターン・ジェネレータ・モジュール1つ、または1682xAポータブル・ロジック・アナライザ1台につき、最低1つのクロック・ポッドをご注文ください
  • 1ポッドに対して8チャネル・リード・セットが1つ必要(ポッドを直接接続するための専用ヘッダをターゲットに組み込めばリード・セットは不要)

クロック出力

  • クロック出力タイプ: 65LVDS179(LVDS)および10H125(TTL)
  • クロック出力レート: 最高200 MHz(LVDSおよびTTL)
  • クロック出力遅延: 14ステップで合計約8 ns

クロック入力

  • クロック入力タイプ: 65LVDS179(LVDS、100 Ω)
  • クロック入力レート: DC~150 MHz(LVDS)
  • クロック入力からクロック出力まで: 約30 ns

パターン入力

  • パターン入力レート: 10H124(TTL)(ノーコネクト = 論理1)
  • パターン入力から認識までの時間: 約15 ns+1クロック周期

概要

Keysight E8140Aは、Keysight 16720A/1670G-004パターン・ジェネレータをサポートします。 パターン・ジェネレータは、少なくとも1つのクロック・ポッド、4つまでのデータ・ポッド、そしてクロックおよびデータ・ポッドごとにリード・セットが必要です。 各データ・ポッドにKeysight 10498Aリード・セットが1つ必要です。