検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 4スロットメインフレーム、最大600 Wの全パワー、最大4個のモジュールに対応。30種類以上のDC電源モジュールを選択可能(モジュールは別売)
  • 電圧計確度: 最大0.025 %+50 µV、最大18ビット
  • 電流計確度: 最大0.025 %+8 nA、最大18ビット
  • 任意波形発生器機能: 最大100 kHzの帯域幅、最大500 Wの出力パワー
  • オシロスコープ機能: 最大200 kHz、512 kポイント、最大18ビットで電圧/電流をデジタイズ
  • データロガー機能: 測定インターバル20 μs~60 s、データログあたり最大500 M個の読み値
  • データログ、オシロスコープトレース、測定器設定用の4 GBの不揮発性データストレージ

概要

N6705Cによる時間の節約

N6705C DC電源/アナライザは、最大4個の高度な電源をDMM、オシロスコープ、任意波形発生器、データロガー機能と統合することにより、DUTに対するDC電圧/電流の供給/測定の生産性を大幅に高めます。N6705Cを使えば、DUTの電流を測定する際に、複数の機器を組み合わせて、トランスデューサー(電流プローブやシャントなど)を含む複雑なテストセットアップを作成する必要がありません。また、DC電源/アナライザを使えば、複数の測定器を制御して測定を実行するためのプログラムを開発してデバッグする必要もありません。すべての機能と測定がフロントパネルから操作できるからです。さらに高度な制御や解析を実現するには、DC電源/アナライザと14585A 制御/解析ソフトウェアを組み合わせて使用することもできます。自動ベンチセットアップが必要な場合、N6705CをGPIB、USB、LAN経由でプログラム制御できます。また、N6705CはLXIに準拠しています。 14585A 制御/解析ソフトウェア

バッテリー・ドレイン・ビデオ:N6781Aのシームレスな測定レンジ切替え

ニーズに合わせてカスタマイズできるN6705C

N6705Cは、電源供給および解析の要件に合わせて柔軟に構成できます。N6705Cは4スロットのメインフレームで、最大4台のDC電源モジュールを収容でき、DC電源モジュールの合計出力パワーは最大600 Wです。モジュールは別途ご購入していただく必要があります。

N6705Cでは、N6700モジュラー電源システムと同じモジュールが使用でき、30種類以上のモジュールが選択可能です。N6705C用のベーシック電源には、50 W、100 W、300 Wのものがあり、最大150 V、最大50 Aです。N6705C用の高性能電源には、50 W、100 W、300 W、500 Wのものがあり、最大60 V、最大50 Aです。N6705C用の高精度電源には、50 W、100 W、300 W、500 Wのものがあり、最大60 V、最大50 Aです。N6705C用のソース/メジャメントユニットには、20 Wのものがあり、最大20 V、最大3 Aです。各モジュールには、内蔵電圧計、電流計、オシロスコープ、任意波形発生器、データロガー機能が備わっています。

特長:

  • DUTにDC電圧/電流を供給して測定するための使いやすい研究開発用ツール
  • 最大4台の電源、DMM、オシロスコープ、任意波形発生器、データロガーの機能を統合
  • フロント・パネル・コントロールまたは14585A 制御/解析ソフトウェアを使用することで、すべての機能をプログラミングなしで利用可能
  • 頻繁に使用する機能用のわかりやすい専用コントロールノブ
  • 複雑なデータも見やすく表示する大画面カラー・グラフィックス・ディスプレイ
  • 接続とコントロールがディスプレイにカラー表示されるので、短時間で間違いなくセットアップを実行可能
  • 標準のGPIB、LAN、USBによるプログラム制御、LXI準拠

モジュラーシステムの概要