検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N5122A E6610A RRHテスター用LTE TDD信号作成/解析ソフトウェア

販売/サポート: 販売終了製品 | サポート継続中
販売終了

代替製品については、計測お客様窓口までお問い合わせください。

主な特長と仕様

特長

  • LTE TDD規格に準拠したリモート・ラジオ・ヘッドの製造テストをサポート 
  • 主な測定
    - チャネルパワー
    - 占有帯域幅
    - EVMコンスタレーション
    - EVM対サブキャリア
    - EVM対時間
    - ACLR
    - スペクトラム・エミッション・マスク
    - CCDF
    - オプションBR1: CPRIレシーバーのビット・エラー・レート
  • 内蔵波形
    - ダウンリンク: E-TM 1.1および3.1(5、10、20 MHz BW)
    - アップリンク: FRC 3-4、3-5、3-7(QPSK)
    - TDD多重化モード: 1|4、1|7、2|5、2|7、3|8(各セットの最初の値はアップリンク/ダウンリンク構成を、2番目の値はスペシャルサブフレーム構成を表します)
     

概要

LTE TDD信号作成/解析ソフトウェアを使用すれば、今日のCPRIインタフェースを用いたリモート・ラジオ・ヘッドの製造テストの目標を容易に達成できます。N5122AソフトウェアはE6610Aリモート・ラジオ・ヘッド・テスターを制御することにより、使いやすいPCベースのユーザーインタフェースで動作する単一のソフトウェアアプリケーションですべての主要性能パラメータを測定するための信号作成/解析機能を提供します。