検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

主な特長

  • オシロスコープを設定して、eSPIプロトコルデコードを30秒以内に表示できます。
  • シングル、デュアル、クワッド(MSOオプションが必要)入力/出力モードをサポートします。
  • 時間相関表示を使用してシリアルプロトコルの問題を迅速にトラブルシューティングし、タイミングやシグナルインテグリティーの根本原因を究明できます。
  • Sシリーズ オシロスコープではハードウェアトリガをサポートします。

使用可能なオシロスコープ

  • Infiniium 9000AまたはSシリーズ オシロスコープ
  • Infiniium 90000A、Vシリーズ、90000 X、Zシリーズ オシロスコープ

要件

  • Windows 7オペレーティングシステム
  • Infiniium 5.51以上のソフトウェアバージョン

概要

拡張シリアル周辺機器インタフェース(eSPI)は、インテルによってロー・ピン・カウント(LPC)バスの後継として開発されたもので、従来のSPIデータだけでなくエンベディッドコントローラー(EC)、ベースボード管理コントローラー(BMC)、スーパーI/Oにも使用できます。この規格により、デザイナーは1ビット、2ビット、4ビットの通信を20~66 MHz、さらに66 MHz以上までの速度でも使用でき、性能とコストのトレードオフが可能です。

キーサイトのeSPIトリガ/デコードアプリケーションは、お持ちのオシロスコープの機能を拡張します。このアプリケーションを使用すれば、Infiniiumオシロスコープを使ってeSPIプロトコルを含むデザインを簡単にデバッグ/テストできます。