検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

構成例  

構成例

W1906EP 5G Baseband Verification Library for SystemVue element software license

  • R-35B-001-A Node-locked license

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • マルチアンテナ・システム・アーキテクチャー
  • ミリ波チャネル特性をサポートする修正3GPP 3Dチャネルモデル
  • さまざまな5G候補波形テクノロジーをサポートする高度なリファレンス・ベースバンド・モデリングIP
  • マルチチャネルRFビヘイビアモデル

概要

SystemVue ESL SoftwareW1906EP 5Gベースバンド検証ライブラリは、SystemVueソフトウェアプラットフォームに追加可能な信頼性の高いリファレンス・アルゴリズミック・モデリングIPと新しい革新的なシミュレーション手法を提供します。 リファレンスモデルはさまざまな5G候補波形をサポートし、マルチアンテナ手法やビームフォーミング信号処理手法などの直交および非直交タイプの両方のマルチキャリア通信システムに対応しています。 また、3次元ビジュアリゼーション機能を使用すれば、デザインの早い段階で、問題の領域を特定して対処することにより、システムの性能を高めることができます。

詳細は、http://www.keysight.co.jp/5g-insightをご覧ください(技術記事『通信システムアーキテクト向けの5G物理層モデリングガイド』を参照してください)。
 

「これらのビデオをご覧になり、今すぐお試しください。

これらの「How To」ビデオにより、W1906EP 5Gライブラリを適用して5Gシステムアーキテクチャーを調査する方法がわかります。

ビデオには、デモで使用されているサンプルワークスペースをダウンロードするための無料のリンクも示されているので、新しい5Gシステムの要件の評価をすぐに開始できます。
 

5G Communications Systems Modelsing using SystemVue


図1. W1906EPは、さまざまなタイプのリファレンス・ベースバンド・モデルおよびマルチアンテナ信号処理ブロックを備えているので、完全なリンクレベルの調査が可能です。 また、修正された3GPP 3次元チャネルモデルも含まれているので、早い段階での5Gインタフェースの調査も行えます。

構成

W1906EP 5Gベースバンド検証ライブラリはすべてのSystemVue環境に追加できます。

  • W1461 SystemVue Comms Architect
  • W1462 SystemVue FPGA Architect
  • W1464 SystemVue RF Architect
  • W1465 SystemVue System Architect

W1906EP 5Gライブラリは、W1907BP 5Gフォワードベースバンド検証バンドルにも付属し、その他の2G、3G、4G、MIMOチャネルライブラリとともに使用することにより、最新の5G規格に移行するために役立ちます。

SystemVueのすべての構成を見るには下のリンク先を参照してください。


◆5Gに関わる様々なシステムシミュレーションをご紹介するSytemVue 体験セミナーを開催しています。(無料、事前登録制)
 ぜひご参加ください。