検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

U4164A 4 Gb/sステートモードおよび10 GHzタイミングモードのオプションを搭載したロジック・アナライザ・モジュール

購入窓口
  • Keysight - 通常、製品お届けまで 3 週

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • ステート速度モードのオプション:最高4 Gb/s
  • クワッド・サンプル・ステート・モード:単一のプローブポイントから2種類のしきい値で4つのサンプル
  • ステートモードのクロックヒステリシス設定
  • フルメモリ長のタイミングモード(最高10 GHz)
  • 最大400 Mbのメモリ容量オプション(400 Mbフル・チャネル・タイミング、800 Mb ½チャネルタイミング、1.6 Gb ¼チャネルタイミング)
  • タイミングモードのスキュー補正インタフェース
  • 最大5 ps×5 mVスキャンステップのアイ・スキャン・テクノロジー
  • 12.5 GHz、256Kの大容量タイミングズーム

概要

U4164A ロジック・アナライザ・モジュールに次の2種類の動作モードが新たに追加されました。クワッド・サンプル・ステート・モードと10 GHzクォーター・チャネル・タイミング・モードです。クワッド・サンプル・ステート・モードでは、各入力の単一のプローブポイントから2つのしきい値を個別に調整して、4つのサンプリング位置を設定することができます。クワッド・サンプル・ステート・モードの場合、2.5 Gb/sを超えるデータレートでは、リード/ライトデータや個別の立ち上がり/立ち下がりエッジのサンプルに対して異なるサンプリング位置を設定する必要のある、LDDR4/DDR5/LPDDR4/LPDDR5などの高速データレートの信号のプロービングに必要なスペースが少なくなります。10 GHzクォーター・チャネル・タイミング・モードでは、1つの入力当たり最大1.6 Gbサンプルになります。U4164A ロジック・アナライザ・モジュールには、これらの新しい動作モードに加えて、高速デジタルおよびDDR/LPDDRメモリのデザインエンジニアがターンオンやシステムのデバッグを高速化するのに役立つ機能が複数追加されています。新しい機能としては、タイミング・モード・スキュー補正制御機能、デュアル・サンプル・ステート・モードの2つのしきい値、クロックがオフの場合にフローティングされているクロック入力の雑音に対するステートモードの感度を調整するためのクロックヒステリシス制御機能、業界最大のメモリ容量オプション(400 Mbフルチャネル、800 Mbハーフチャネル、1.6 Gbクォーターチャネル)があります。

U4164Aのトレース捕捉による解析を拡張するために、B4661A メモリ解析ソフトウェアが短時間でDDR/2/3/4/5およびLPDDR/1/2/3/4/5の測定を設定/構成できるツールを提供しています。DDR/2/3/4/5、LPDDR/1/2/3/4/5、ONFi(Open NANADフラッシュインタフェース)のメモリ解析とコンプライアンス検証向けにさまざまなライセンスオプションがあります。

インターポーザーをお探しですか?キーサイトのソリューションパートナーであるFuturePlus社のページをご覧ください。

ロジック/プロトコル・アナライザ・ソフトウェアの最新バージョンは以下からダウンロードいただけます。
www.keysight.com/find/LPA-SW-download