検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • ローパスモード/バンドパスモードによる、最大1,601ポイントの測定
  • 不要なフィクスチャ効果を除去するためのゲーティング機能
  • ウィンドウ関数
  • テストポートの先端での正確なベクトル誤差校正
  • X軸の単位(秒、メートル、フィート)
  • ストラクチャ・リターン・ロス解析

概要

E5063A-010タイムドメイン/障害位置解析オプションを使用すれば、ケーブルなどのデバイスの不連続部や不整合を特定できます。タイムドメインでゲーティング機能を使用して、データを周波数ドメインに変換することにより、フィクスチャのコネクタの不整合による不要な応答を除去することができます。さらに、E5063A-010では、ケーブルのSRL(ストラクチャ・リターン・ロス)解析機能も使用できます。