検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 任意の負荷インピーダンス設定を使用した、コイルまたは共振器間の無線電力伝送効率のリアルタイム測定
  • 2D/3Dシミュレーションによる負荷インピーダンスの依存性の表示
  • E5072A拡張可能セットを使用した、デバイスの実際の動作条件でのハイパワー測定
  • ネットワーク解析データの出力により、Keysight ADSシミュレータでさらに詳細な回路のモデリング/シミュレーションが可能
     

概要

E5072A-006無線電力伝送解析オプションを使用すれば、任意の負荷インピーダンス設定を使用して、コイルまたは共振器間の無線電力伝送(WPT)効率をリアルタイムで測定できます。測定結果に基づいた2D/3D解析により、負荷インピーダンスの依存性をより簡単に把握できます。E5063A-006は、製造段階での無線電力伝送効率の測定に最適な低価格のソリューションです。100 KHz~0.5/1.5/3/4.5/6.5/8.5/14/18 GHzの範囲の周波数が使用可能で、アップグレードパスが用意されています。ネットワーク解析データを出力して、Keysight ADSシミュレータでさらに詳細な回路のモデリング/シミュレーションを行うことができます。