検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

81195A 光変調発生ソフトウェア

購入窓口
  • Keysight - 通常、製品お届けまで 3 週

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 柔軟な信号パラメータ(パルス形状、遅延など)を用いて、I/Q 1ペア当たり最高8 GシンボルのデュアルI/Q信号(BPSKからQAM256まで)を作成可能
  • オプションRSP(リアルタイム信号処理)とM8195Aを組み合わせて使用すれば、新しい波形をダウンロードしなくても、信号パラメータ(パルス形状、遅延など)を実行時にオンザフライに変更可能
  • オプションOSPを搭載すれば、以下の光信号の特性を合成できます。
    - 位相雑音(レーザー線幅)
    - 偏波制御(偏波回転>1000 krad/s)
    - 最高218 ps(DGD)および>11000 ps^2(2次)の静的PMD(1次および2次)
    - オプションRSPとM8195Aを組み合わせて使用すれば、光信号の特性をリアルタイムで変更可能
     

概要

81195A光変調発生ソフトウェアを使用すれば、定義済みの信号パラメータと光信号の特性を用いて、デュアル偏波コヒーレント信号の伝送テスト用のデュアルI/Q信号を作成できます。
M8195A 4チャネルAWGと組み合わせて使用すれば、1台のM8195Aモジュールでリアルタイム・エンコード・モード(オプションRSP)を使用して、1チャネル当たり最高32 Gボーおよび最高8 Gシンボルの伝送信号を作成できます。

オプションOSPを使用すれば、M8195A AWGで、光信号の特性やレシーバーのストレス条件(位相雑音、偏波回転、偏波モード分散など)を系統的にエミュレートできます。
オプション RSPと組み合わせて使用すれば、新しい波形をダウンロードしなくても、これらの信号特性のパラメータをM8195Aでオンザフライに変更できます。

 

関連する業種&テクノロジー