検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

B4661A ロジック・アナライザ用メモリ解析ソフトウェア

購入窓口
  • Keysight - 納期はお問合せ下さい

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

DDR3/DDR4/DDR5/LPDDR2/LPDDR3/LPDDR4/LPDDR5解析

  • 「トランザクションデコード」および「トラフィック概要」表示により、短時間でトラフィックフローをナビゲート
  • ローパワーデータ伝送、セルフリフレッシュエントリー/イグジット、多目的コマンド(MPC)、DDR4 3DS(DRAMダイの3Dスタッキング)、LPDDR5バンク構成モード、速度変更、モードレジスターのトランザクショナルデコードに対応
  • データレート(MByte)とバス使用率(%)の性能計算値/グラフ表示、グラフィックローリング更新ウィンドウによる更新レートの監視、ページのオープン/クローズ関連トランザクションおよびリード/ライドトランザクションごとの送信データの確認
  • アドレスマッピングの可視化と、更新間に非常に多くの動作がある場合に生じるRow Hammer問題のリスクがあるアドレスの確認

DDR3/DDR4/DDR5/LPDDR2/LPDDR3/LPDDR4/LPDDR5コンプライアンス検証

  • 後処理コンプライアンス違反ツールによる、速度変更時のプロトコルコンプライアンス違反のテスト
  • 後処理またはリアルタイムツールを使用した、DDR/2/3/4/5またはLPDDR/2/3/4/5のステートマシン、プロトコルコンプライアンス、プロトコルレベルのバス・サイクル・タイミング違反の特定
  • リアルタイムコンプライアンス違反解析ツールを使用した、リアルタイムDDR/2/3/4/5またはLPDDR/2/3/4/5プロトコルコンプライアンスの自動測定/トレース捕捉による時間の短縮
  • 後処理ツール用およびリアルタイムツール用の拡張パラメータ編集インタフェースを使用した、DDR/2/3/4/5またはLPDDR/2/3/4/5標準プリセットテストのパラメータの容易な編集

ONFi(Open NANDフラッシュインタフェース)解析ツール

  • 簡略化されたONFi解析「タイムライン」表示により、複数のONFiターゲットを短時間でナビゲート
  • ONFiトランザクションの「詳細」表示を使用した、ONFi動作(シーケンス内の論理的に関連したコマンドのセット)の視覚化による時間の短縮

DDR/DDR2/DDR3/DDR4/LPDDR/LPDDR2/LPDDR3/LPDDR4用のリストデコーダー

  • DDR、DDR2、DDR3、DDR4、LPDDR、LPDDR2、LPDDR3、LPDDR4、MRSコマンドのデコード
  • DDR4 RDIMMおよびLRDIMMのMRSのデコードの選択肢を含む
  • DDR/2/3/4およびLPDDR/2/3用の物理アドレス・トリガ・ツールにより、物理アドレストリガを短時間でセットアップ可能
     

概要

Keysight B4661A メモリ解析ソフトウェアは、業界初の速度変更時のプロトコルコンプライアンス違反テスト機能など、ロジック・アナライザ・トレース内での関心領域への迅速なナビゲーションのための簡略化されたトラフィック概要表示、強力な性能解析グラフィック、DDRおよびLPDDRデコーダーが含まれるオプションスイートを提供します。B4661A メモリ解析ソフトウェアおよびキーサイトのロジック・アナライザ*により、ユーザーはDDR/2/3/4/5またはLPDDR2/3/4/5システムをモニターしてデバッグ、性能の向上、プロトコルコンプライアンスの検証を行なうことができます。強力なトラフィック概要表示、複数の表示の選択肢、リアルタイムコンプライアンス違反トリガ機能により、発生頻度の低いDDR/LPDDRシステム違反を特定することができます。

Keysight B4661A メモリ解析ソフトウェアは、4つの標準ソフトウェア機能と6つのライセンス付きメモリ解析オプションを提供しています。2018年の秋にバージョン6.50のソフトウェアリリースで、DDR5解析/コンプライアンス検証(ライセンスオプション5FP/5TP/5NP)とLPDDR5解析/コンプライアンス検証(ライセンスオプション6FP/6TP/6NP)が追加される予定です。2017年6月にはバージョン6.40のソフトウェアリリースから、オプション4FP/4TP/4NP拡張ONFi(Open NANDフラッシュインタフェース)解析がB4661A メモリ解析SWに追加されました。

標準ソフトウェア機能

  • キーサイトのロジック・アナライザ*用のDDRおよびLPDDRプロービングソリューションのデフォルト設定
  • DDRセットアップアシスタント
  • DDRアイファインダー/アイスキャン
  • DDR設定クリエータ

*B4661AのDDR5/LPDDR5/ONFi解析は、バージョン6.50以上のロジック/プロトコル・アナライザ・ソフトウェアでサポートされるキーサイトのロジック・アナライザで使用できます。

ロジック/プロトコル・アナライザ・ソフトウェアとB4661A メモリ解析ソフトウェアの最新バージョンは以下からダウンロードいただけます。
www.keysight.com/find/LPA-SW-download