検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

N8824B MIPI RFFEプロトコルデコード

購入窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • オシロスコープを設定して、MIPI RFFEプロトコルデコードを30秒以内に表示できます
  • 豊富な統合ソフトウェアベースのプロトコルレベルのトリガ機能を使用できます
  • プロトコルレベルのパケット表示により、時間を節約して、ミスを防止できます
  • 時間相関表示を使用してシリアルプロトコルの問題を迅速にトラブルシューティングし、タイミングやシグナルインテグリティの根本原因を究明できます

概要

RFフロントエンド制御インタフェース(RFFE)用MIPI Alliance仕様は、RFフロントエンドデバイスを制御するための一般的な方法を提供するために開発されました。 フロントエンドデバイスには、パワーアンプ(PA)、低雑音増幅器(LNA)、フィルター、スイッチ、電力管理モジュール、アンテナチューナ、センサなどのさまざまなものがあります。 RFFEは、主にRFフロントエンド専用の制御インタフェースです。 RFFEは、ポイント・ツー・マルチポイント接続のRFフロントエンド制御をサポートしています。 RFFEは、26 MHzの高速なバスクロック周波数を使用し、時間に正確なトリガメカニズムを導入することによって、複数のデバイス内のタイミングがクリティカルな機能を制御します。

RFFEプロトコルデコーダーは、RFFEテクノロジーを採用する無線移動体製品の開発を加速します。 プロトコル解析アプリケーションを使用すれば、物理層測定からプロトコル層測定にすばやく移行できます。このアプリケーションには、ソフトウェアベースのトリガ機能が含まれています。