検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

マルチエミッター・シナリオ・ジェネレーター

購入窓口
  • Keysight - 納期はお問合せ下さい

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

利点

  • 数千のエミッター、毎秒何百万ものパルスが存在する現実的で動的なレーダー脅威エミッター信号環境をシミュレート
  • 変化する信号環境における複雑な到来角(AoA)の測定を短時間でセットアップして、レーダー脅威エミッターのソートおよび方向探知をリアルタイムで実行可能
  • 高度なキーサイトのテクノロジーを高性能で信頼性の高いCOTS測定器に組み込むことにより、EWテストシステムのコストとサイズを削減
  • パルス密度を高め、AoAのシミュレーション回数を増やす必要がある場合に、低価格のUXGアジャイル信号発生器を追加可能

性能

  • 周波数レンジ: 10 MHz~40 GHz
  • 高速な周波数スイッチング/振幅セトリング: リストモードで<180 ns(周波数、振幅、位相)
  • 最小パルス幅: 10 ns
  • リニアチャープ幅: 中心周波数の10~25 %

測定アプリケーション/ソフトウェア

  • N7660B マルチエミッターシナリオ作成用Signal Studioにより、AoAや移動目標(移動プラットフォーム)に関するパルス記述子ワード(PDW)ベースの性能が最適化されたEWシナリオを作成可能
  • カスタム校正ソフトウェアと汎用のKeysight測定レシーバーハードウェアを使用すれば、複数のUXGを時間、位相、振幅で同期可能

標準3年間保証および無料のスタートアップアシスタンス

  • リファレンスソリューションのセットアップ/校正、テストシステムへの統合は、キーサイトのエキスパートにお任せください
     


 

概要

コヒーレントな複数台のKeysight N5191A/93A UXGアジャイル信号発生器をベースにしたもので、パルス密度の高い複雑なEWシナリオを作成して、AoAと移動目標(移動プラットフォーム)を同時にシミュレートすることができます。 マルチエミッター・シナリオ・ジェネレーター、リファレンスソリューションは、UXG、校正ハードウェア/ソフトウェア、数千のエミッターが存在する電子戦をシミュレートするように構成されたSignal Studioアプリケーションソフトウェアの組み合わせです。

キーサイトのUXGアジャイル信号発生器は、位相連続性と位相再現性を持つ高速周波数ホッピングにより、周波数の異なる複数のパルス・ドップラー・レーダー(複数のエミッター)を元の位相を維持しながらシミュレートできます。 複数台のUXGを用いることにより、数千のレーダー脅威エミッター、毎秒何百万ものパルス(パルス密度はUXGの数に対応)を含むEWシナリオをシミュレートできます。 高いパルス密度のシミュレーションに加えて、次の2つの理由により、すべてのRFパルスにAoAを作成することが非常に重要です。 1) AoAにより、EWレシーバーは脅威を特定して回避することができる、2) AoAは1次脅威ソートパラメータで、EWレシーバーはAoAにより、パルス群を個別の脅威に属するものとして認識できます。

AoAを作成することにより、異なるポート(異なるUXG)から再生される同一のパルスが重ならないように、時間、位相、振幅、またはこれらすべてが調整されます。 これらのパルスを重ならないように正確に調整するためには、UXGの位相、時間、周波数、振幅を同期させる(校正する)必要があります。 マルチエミッター・シナリオ・ジェネレーター、リファレンスソリューションには、さまざまな測定レシーバー(PNA/PNA-Xベクトル・ネットワーク・アナライザ、Infiniiumオシロスコープ、U2000パワーセンサ)で動作するカスタム校正ルーチンが含まれているため、作業に適したツールを選択できます。 この校正プロセスにより、EWレシーバーのテストでAoAをどれだけ正確にシミュレートできるかが決まります。

このリファレンスソリューションは、現実的なAoAシミュレーションが可能なだけでなく、サイズ、コスト、調達時間などの面でも優れています。 従来のEWシステムは、大規模で高価な専用のテストシステムを使用して開発されてきましたが、こうしたテストシステムは調達期間が長く、エンドユーザー向けにカスタマイズしている間のサポートには制限があります。 このリファレンスソリューションのハードウェアは小型で机の上に置けます。また、COTSテスト機器で構成されているので、代表的なEWテストシステムより安価です。 COTSのハードウェアとソフトウェアを採用しているため、数年ではなく、数か月で納品できます。また、大規模で複雑な専用のEWシステムよりも本質的に高い信頼性を持ちます。