検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

構成例  

構成例

W1907BP 5G Forward Baseband Verification bundle software license

  • R-35B-001-A Node-locked license
  • R-36B-001-L 12 months upgrades and support - node-locked

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • SystemVueリファレンスライブラリの汎用バンドル
  • 5G、plus 2G/3G/4G、MIMOチャネルフェージング、互換性/スループット/干渉研究用
  • システム設計者、アルゴリズム研究者が、RFとBBの協調検証、広帯域電子計測のために使用

概要

SystemVue ESL Software

SystemVue W1907BP 5Gフォワードベースバンド検証バンドルを使用すれば、4Gデザイナは単一の構成を使用して、新しい5Gの課題への取り組みを始め、続いて最終の5G規格に向かって前進することができます。W1907BPは、LTE-Advanced(W1918)の既存の4Gリファレンスと3D WINNER+ MIMOチャネルモデリング(W1715)、以前の2G/3G規格(W1916)のサポートを統合し、フィルター・バンク・マルチキャリア(FBMC)用の完全な送受信リファレンスを初めとする将来的な5G PHY候補のリファレンスを追加しています。

W1907BPライブラリバンドルに含まれる5Gシミュレーションモデルは、W1906BEL 5Gソース・コード・モデルのコンパイル済みバージョンを低価格で、代表的なSystemVueベースバンド検証ライセンスの従来のソフトウェアライセンスとともに提供しています。

詳細情報

W1907BPライブラリは、Mobile World Congress 2015においてライブデモで紹介されました。

W1907BP/BT SystemVue Connected Flow

図1. W1907BPは送受信リファレンスを提供し、5G PHY候補波形のEVM/BER/スループットを完全なリンクレベルで調べることができます。最新の4G MIMOチャネルモデル、LTE-Advanced、さらにLTEから遡ってGSM/EDGEまでの以前のフォーマットも含まれ、5G干渉の調査も行なえます。

構成

W1907BP 5Gフォワードベースバンド検証バンドルには以下の製品が含まれています。

  • W1906BEL 5Gベースバンド解析ライブラリ(コンパイル済みバージョンのみ)
  • W1918EP LTE-Advancedベースバンド検証ライブラリ(LTEも含む)
  • W1916EP 3Gベースバンド検証ライブラリ
  • W1715EP SystemVue MIMOチャネルビルダ

SystemVueのすべての構成を見るには下のリンク先を参照してください。