検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

  • 長くて損失の多いケーブルのスカラー測定
  • 周波数オフセットを使用したコンバータのスカラー測定
  • 測定:利得/損失(B/R)、入力パワー(R)、出力パワー(B)
  • ERTAオプション搭載の2台のFieldFoxとアクセサリが必要です
  • ERTAシステム周波数は、各アナライザの周波数レンジによって制限されます(2台のN9915Aで9 GHz)
  •  
  • 利得/損失(B/R)測定の不確かさ(代表値):±0.6 dB(f≦9 GHz、GPSにロックされた周波数基準)
  • ダイナミックレンジ(代表値):83 dB(f≦9 GHz、GPSにロックした周波数基準)
  • 測定可能最大減衰量(代表値):103 dB(f≦9 GHz、GPSにロックした周波数基準)

概要

ERTAを使用すればRFシステムのスカラー伝送の利得/損失を測定できます。このシステムは、ケーブルの両端が船や飛行機にボルト締めされ簡単には接続することが不可能なような長くて損失の多いケーブルの測定時に有用です。導波管システムの挿入損失の測定時、周波数オフセット機能、ミキサーやコンバータなどのデバイスの使用時にも有用です。

ERTA測定は2台のFieldFoxをベースとし、測定対象のDUTの両端に1台ずつ接続します。1台のFieldFoxは信号源と基準レシーバ(R)、もう1台は測定レシーバ(B)として使用します。2台のFieldFoxはハードウェアトリガを使用して同期します。FieldFoxのInstAlign手法を活用することによって、ERTAを使用すれば正確な利得および損失測定を実現できます。

構成情報
前提条件:210(VNA伝送/反射)および233(スペクトラム・アナライザ)
推奨オプション:235(プリアンプ)307(GPSレシーバ)
ERTA測定システムには2台のFieldFoxとさまざまなアクセサリが必要です。詳細情報については、FieldFox構成ガイドを参照してください。

このオプションは、製品アップグレードとして追加できます。