検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

U7232C DisplayPort 1.2コンプライアンス/検証テスト・ソフトウェア

販売/サポート: 販売・サポート終了製品
販売終了

主な特長と仕様

特長

  • フル・スイートのDisplayPort 1.2物理層テスト
  • AUXチャネル物理層テスト
  • 突入電流テストのサポート
  • 複数の規格をサポート(1.1a、1.2)

ユーザビリティ

  • ユーザ・インタフェースの手順に従って、複雑な測定やセットアップを容易に実行可能
  • 自動化をサポート
  • 設定可能なテスト・パラメータにより、デバッグ/評価作業をサポート
  • スイッチング・ソリューションによるマルチレーン・テストの自動化

拡張性

  • N5467Aユーザ定義アプリケーション・ツール(www.keysight.co.jp/find/uda)を使用して以下を行えます:
  • カスタム・テスト、設定可能な変数、接続手順の作成と統合。
  • MATLABスクリプトやデバイス・コントローラなどの外部アプリケーション・コールを実行シーケンスに挿入可能。
  • テスト・スイートで使用する外部測定器の設定。


 

概要

Keysight U7232C DisplayPortコンプライアンス/検証テスト・ソフトウェアは、使いやすいソフトウェアで、妥協のない完全なテストを実現します。作業手順が順次ガイドされるので、セットアップ・ミスを最小限に抑えることができます。また、このソフトウェアは、DisplayPort CTS 1.2に準拠したテストを実行してレポートを作成でき、テスト情報を持ち運ぶことができます。このテスト・スイートには現在、突入電流のテストやAUXチャネルの物理層テストも含まれています。Keysight W2641B DisplayPortテスト・ポイント・アクセス・アダプタを使用すれば、DisplayPortコネクタ用のテスト信号を接続して、DisplayPortソース・ソリューションを簡単に構築できます。

新しい自動スイッチング・ソリューションでは、以下も可能です。

  • 再接続の排除(接続ミスの防止)‐個々のマルチレーン・バスのテストを自動化して、テストを簡素化し時間を節約できます。
  • 確度の維持‐キーサイト独自のN2809A PrecisionProbeやN5465A InfiniiSimを使用して、スイッチ経路損失およびスキューの補正ができます。
  • カスタマイズ‐リモート・プログラミング・フック・インタフェースとN5467Aユーザ定義アプリケーション(N5467A)によりテスト・アプリケーションを拡張でき、デバイス制御、機器制御、テストのカスタマイズ/スクリプト化が可能です。

キーサイトの自動スイッチング・ソリューションの詳細については、www.keysight.co.jp/find/switchingをご確認ください。