検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

機能

  • 1 GHzを超える帯域幅のPXA補正
  • 50 GHzまでの周波数カバレージ
  • PXAから転送される自動補正データを用いる使いやすいソリューション
  • 測定/特性評価済みの周波数応答、位相リニアリティーなどの性能

性能

  • 雑音性能と歪み性能に優れた、高解像度のSシリーズ オシロスコープ
  • スプリアス・フリー・ダイナミック・レンジ(SFDR):65 dBc
  • フラットネス:<2 dB(<800 MHzの帯域幅)
  • 解析帯域幅:1.16 GHz

概要

ご覧になるためには、ブラウザのJavascriptを有効にしてください。また、Adobe Flash Player が必要です。

Flash ダウンロード 

今日の多くのデジタル通信/レーダーアプリケーションでは、マイクロ波周波数の広帯域信号を復調/解析する必要があります。 これを行うには、最新の広帯域オシロスコープを使用してマイクロ波信号を直接デジタイズして解析する必要がありますが、ソリューションのコストパフォーマンスを高めるためには、サンプリングレートがより低速のデジタルオシロスコープまたはデジタイザに加えて、PXAシグナル・アナライザをダウンコンバーターとして使用する必要があります。

広帯域シグナル解析のリファレンスソリューションは、PXAの広帯域IF出力と広ダイナミック・レンジ・オシロスコープに高度な89600 VSAソフトウェアを組み合わせて、広帯域かつ広いダイナミックレンジの信号解析ソリューションをお求めやすい価格で実現しています。 従来は、シグナル・アナライザをダウンコンバーターとして使用するには、特定の中心周波数でIF校正を実行する信号源が必要でした。 これには、コストだけでなく、時間がかかる可能性もありました。 PXAにはエクスポート可能な補正データが内蔵されており、特性評価済みのIFデータを使用すれば、アナライザの周波数レンジ全体で正確な測定を実行できます。 広帯域測定が簡素化され、スタンドアロンのPXA内部でVSAソフトウェアを実行する感覚で測定が行えます。 補正範囲は1 GHzを上回っています。 VSAソフトウェアはオシロスコープ内部で実行することもできます。また、75種類以上のカスタム信号と規格に準拠した信号の両方の信号フォーマットの特性評価/トラブルシューティングに使用できます。 VSAソフトウェアのパルス解析オプションを使用すれば、パルスド信号の位相リニアリティーやパルスの変調を解析することもできます。

関連する業種&テクノロジー