検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

構成例  

構成例

W2317EP DDR Bus Simulator Distributed Computing 8-pack software license

  • R-35A-001-B Floating single site license
  • R-36A-002-L 12 months upgrades and support - floating single site

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

概要

Advanced Design System(ADS)ダブル・データ・レート(DDR)バス・シミュレータ分散コンピューティング8パックは、分散コンピューティング・クラスタに接続されたワークステーションでのシグナル・インテグリティ・バッチモード・パラメータ掃引を容易にします。この組み合わせにより、シグナル・インテグリティ・デザイナは、同等性能の単一コンピュータ・ノードよりもこの掃引を6~8倍高速に実行することができます。ライセンスは、8パック内に「組み込む」ことができ、大幅な高速化を実現します。本製品(および必要な製品W2312トランジェント・コンボリューション分散コンピューティング8パック)は、次の3つの組み合わせの場合に、パラメータ掃引を高速化します。1) バッチ・シミュレーション・コントローラとトランジェント・シミュレータ、2) バッチ・シミュレーション・コントローラとDDRバス・シミュレータ、3) バッチ・シミュレーション・コントローラとチャネル・シミュレータ。

DDR Batch Simulator

図1. DDRバス・シミュレータ分散コンピューティング8パックは、ADSシミュレーション・セットアップ・メニューのシミュレーション・マネージャ・タブによって、管理することができます。このスケマティックには、DDRバス・シミュレータを制御するバッチ・シミュレーション・コントローラによるパラメータ掃引が含まれています。

注記: DDRバス・シミュレータ分散コンピューティング8パックは、現在、以下の構成のみサポートしています。

  1. ワークステーションはLinuxを実行しています。
  2. 各分散コンピューティング・ノードは、Load Sharing Facility(LSF)またはSun Grid EngineとともにLinuxを実行しています。