検索された製品ページを表示しています その他の検索結果:

 

お問い合わせ窓口

W8581BP WaferPro Express Core Measurement and Programmingバンドル

購入窓口
  • Keysight - 通常、製品お届けまで 2 週

構成例  

構成例

W8581BP WaferPro Express Core Measurement and Programming bundle software license

  • R-35E-001-A Node-locked license
  • R-36E-001-L 12 months upgrades and support - node-locked

Configure

価格: 日本

* 参考価格、標準納期は予告無く変更されることがあります。詳しくはお問い合わせ下さい。 価格は希望小売価格です

主な特長と仕様

W8581BP WaferPro Express Core Measurement and Programmingバンドルの内容

  • オンウェーハ自動測定をセットアップできる最新の使いやすいユーザーインタフェース
  • 50種類以上のターンキー測定ドライバー
  • 高度なデータディスプレイ、ウェーハ・データ・マッピング・ビュワー、SQLデータベース
  • Python/PELプログラミング環境
  • Cascade Microtechのウェーハプローバのサポート

概要

WaferPro ExpressW8581BP WaferPro Express Core Measurement and Programmingバンドルには、W8580BP Core Measurementバンドルの全機能の他に、Python/PELプログラミングを使用してテストをカスタマイズする機能が追加されています。 W8581BPは、さらに、仮想/シミュレーションモードでテストを実行する機能も備えています。以下の表に、バンドルに含まれる主要な機能コンポーネントを掲載します。バンドルには、ユーザーインタフェース環境の他に、ウェーハマップ環境、データディスプレイ、SQLデータベースが含まれています。さらに、すべての測定器ドライバーとその機能が付属し、Cascade Microtechのプローバ用ドライバーも付属します。サポートされる測定器、ウェーハプローバ、サーマルチャック、スイッチマトリクスの詳細については、製品のブローシャを参照してください。

測定データはASCIIフォーマットまたはSQLデータベースのどちらかに保存されます。フォーマットは両方とも、IC-CAP(Integrated Circuit Characterization & Analysis Program)、モデル・ビルダ・プログラム(MBP)、Model Quality Assurance(MQA)などのKeysightデバイスモデリング製品と完全互換です。

ターンキーの測定ルーチンは、MOSFET、BJT、FET、ダイオードなど、多くの標準デバイスの一般的なDC/CV/RFテストをカバーしています。ユーザーインタフェース(UI)上で新しいテストルーチンを作成してライブラリーに保存できます。さらに、プログラミング環境を使用してルーチンをカスタマイズできます。プログラミング環境は2種類のプログラミング言語をサポートしています。PELおよびPythonです。プログラミング抽出言語(PEL)は、数十年もの間、IC-CAPで独自のデータ処理やパラメータ抽出手法を実装するのに使用されてきた言語です。構文ルールはBasicに似ていて、比較的簡単に習得して使用できます。IC-CAPユーザーはプログラムを直接WaferPro Expressにインポートできます。Pythonプログラミング言語は、業界で最も広く使用されている高度なインタープリタ言語の1つです。データ処理と表示に使用できる高度なライブラリーを備えています。Pythonに関する詳細については次のウェブページをご覧ください:www.python.org  
WaferPro Expressユーザーはこのプログラミング言語を使用して、データ処理(例:RFディエンベディング)や確認(例:ノイズの多いデータや異常データの確認)を行うテストルーチンをカスタマイズできます。Python/PELによって、カスタムドライバーや特殊な測定アルゴリズムも実装できます。

W8581BPの便利な機能に、仮想/シミュレーションモードでテストプランを実行できる機能があります。被試験デバイス(DUT)にSpice3モデルカードまたはサブ回路(MOSFETまたはBJTなど)を指定すると、プログラムは仮想/シミュレーションモードで測定を実行し、測定結果をシミュレーション結果に置き換えます。実験室のテストステーションに張り付いて測定を実行しなくても、オフィスで仮想モードを使用してルーチン開発/デバッグ/テストのほとんどを行えるので、新しいテストルーチンをデザインするときに非常に便利です。

このバンドルは、B1500A半導体デバイス・パラメータ・アナライザ(特性評価システム)メインフレーム/EasyEXPERTB2200A fAリーケージ・スイッチ・メインフレームのようなDC測定テストシステムとプローブカードをサポートしています。WaferPro Expressは、Keysight 4070/4080半導体パラメトリック・テスト・システムはサポートしていません。これらのシステムを制御する必要がある場合は、W8510EP IC-CAP Wafer Professionalをご検討ください。

Cascade Microtech以外のプローバのサポートを有効にするには、W8585EPアドオン製品をご購入ください。 

W8581BP WaferPro Express Core Measurement and Programmingバンドル
特長 W8581BP
UI環境、ウェーハマッピング、テストプラン設定ツール 含む
DC/CV/RF/TDターンキー測定とテストプランの実行 含む
GPIB測定器インタフェースおよびドライバー* 含む
データディスプレイおよびウェーハマップ分布 含む
UIによるテストの設定/セットアップ 含む
Cascade Microtechのサポート* 含む
SQLデータベース 含む
Python/PELプログラミング環境 含む
仮想テスト・プラン・シミュレーション(Spice3のみ) 含む
W8585EP WaferPro Express拡張プローバのサポート* オプション

注記: 上記のモデル番号は、ノードロック永久ライセンス(シリアル番号の後半がBP/EP)の番号です。期間限定のタイムベースライセンス(シリアル番号の後半がBT/ET)およびフローティングライセンスもあります。

詳細については、WaferPro Expressをご覧ください。